Michael Fitzsimmons / Shutterstock.com

中国のグローバルドローン戦略
―― 対抗するか、取り残されるか

マイケル・C・ホロウィッツ  ペンシルベニア大学教授  ジョシュア・A・シュワルツ  ペンシルベニア大学 博士候補生  マシュー・ファーマン  テキサスA&M大学 教授(政治学)

China Has Made Drone Warfare Global The United States Must Join the Market or Be Left Behind

Michael C. Horowitz ペンシルベニア大学教授 Joshua A. Schwartz ペンシルベニア大学 博士候補生 Matthew Fuhrmann テキサスA&M大学 教授(政治学)

2021年1月号掲載論文

2011年まで、軍事ドローンを保有していたのはアメリカ、イギリス、イスラエルの3カ国だけだったが、2011年から2019年の間にその数は18カ国に上昇した。こうした軍事ドローンの拡散は、主要サプライヤーとして中国が出現した時期と一致している。ドローン輸出戦略をとる中国の優位の一つは「相手国政府の立場や内政を問わないこと」にある。一方、アメリカは長く輸出規制を課してきた。トランプ政権が再解釈を通じて規制を緩和するなか、ドローンの輸出を認めるのか、誰に対して洗練された軍事ドローンテクノロジーの輸出を認めるのか。次期政権はこの難しい質問に答えを出すことを迫られる。

  • 拡散する軍事ドローン
  • 規制レジームのアップデートを
  • 勝者と敗者
  • アメリカの報復
  • 軍事ドローンのインパクト

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top