plavevski / Shutterstock.com

「アメリカは敗北しつつある」
―― 米中競争についての北京の見方

ジュリアン・ゲワーツ  米外交問題評議会 中国担当シニアフェロー

China Thinks America Is Losing Washington Must Show Beijing It’s Wrong

Julian Gewirtz 米外交問題評議会中国研究シニアフェロー、コロンビア・ハーバード中国と世界プログラムフェロー、コロンビア大学講師(歴史学)。

2021年1月号掲載論文

2008年の金融危機を前に、北京の指導者たちは欧米の衰退が実際に始まったと考えるようになった。マルクス主義的な歴史の流れを信じる北京の指導者たちは、毛沢東の言う救いようのない「反動勢力」で無為に中国を抑え込もうとするアメリカは挫折すると考えてきた。この考えが中国の習近平国家主席の世界観を規定している。それだけに、ワシントンは中国の能力と目的を評価するだけでなく、「北京の指導者たちがアメリカをどのように認識しているか」を踏まえた戦略をとるべきだ。アメリカが衰退の一途をたどっているという中国の指導者たちの思い込みを覆す戦略が必要だ。中国とうまく競い合うためにアメリカが実行しなければならないことの多くは、アメリカが管理できる範囲内にあり、まだ行動のための時間も残されている。

  • 北京の対米観
  • 急激に衰退するアメリカ
  • 見方はさまざま
  • より優れた対中政策を

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top