noamgalai / Shutterstock.com

変化する中東地政学に即した政策を
―― より多くをより少ない資源で実現するには

マーラ・カーリン  ジョンズ・ホプキンス大学  戦略研究ディレクター タマラ・コフマン・ウィッテス  ブルッキングス研究所中東政策センター シニアフェロー

How to Do More with Less in the Middle East American Policy in the Wake of the Pandemic

Mara Karlin ジョンズ・ホプキンス大学ポール・ニッツスクール、戦略研究ディレクター  Tamara Cofman Wittes ブルッキングス研究所中東政策センター シニアフェロー

2020年12月号掲載論文

パンデミックとその後の原油価格暴落という双子の危機によって、サウジを含む湾岸アラブ諸国は富の大幅な減少に直面し、内外でのプロジェクトをこれまでのように進められなくなっている。中国やロシアの影響力もそれほど大きくなっていない。ロシアの中東関与は依然として手探りだし、中国は経済関係の促進に熱心だとしても、地域紛争に関わって手を汚すつもりはない。要するに、アメリカは依然として大きなコストや長期的なコミットメントをしなくても、より安定した中東を形作る機会を手にしている。地域内の地政学的競争を抑え、イランの行動により効果的に立ち向かい、可能な限り(イランとサウジの)代理紛争を解決することに努力すれば、ワシントンは中東における支配的優位を失うことなく、関与を控えることができるだろう。

  • パンデミックと原油暴落
  • 変化するサウジとイランのバランス
  • 地域紛争への対応を
  • 中東戦略の見直しを
  • サウジは友人か敵か
  • 今後の道筋

(C) Copyright 2020 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top