Xavier Lejeune Photo / Shutterstock.com

ヨーロッパの地政学的覚醒
―― 危機を前に連帯を強めた欧州の自立

マックス・バーグマン センター・フォー・アメリカン・プログレス シニアフェロー

Europe’s Geopolitical Awakening The Pandemic Rouses a Sleeping

Max Bergmann センター・フォー・アメリカン・プログレス シニアフェロー 専門はヨーロッパの安全保障、米ロ関係など。国務長官室政策企画スタッフ、スピーチライター。

2020年10月号掲載論文

パンデミックは、数十年にわたる経済的、政治的な眠りからヨーロッパ大陸を覚醒させ、わずか6カ月前には想像もつかなかった形でEU統合プロジェクトを再活性化したようだ。トランプ政権によって乱用されてきた大西洋同盟に甘んじたり、対外的リーダーシップを攻撃的に行使するようになった中国に期待したりするのではなく、ヨーロッパの指導者たちは「自分に目を向けなければならないこと」を理解し始めている。危機のなかで2兆ドル規模の「経済復興基金」を成立させたことも、この文脈で理解すべきだ。いまや「戦略的自主路線」は、欧州の指導者たちが議論すべきテーマとしてよりも、むしろ、早急に成立させるべき政策とみなされている。大きな問題を内に抱えつつも、今回の危機を経て、ヨーロッパがより強く、より統合されたグローバルプレーヤーになることはほぼ間違いない。

  • 危機とヨーロッパの連帯
  • ブリュッセルアンバウンド
  • ヨーロッパを求めるヨーロッパ
  • ヨーロッパの世紀

(C) Copyright 2020 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top