De Visu / Shutterstock.com

ヨーロッパにおけるポピュリズムの台頭
―― 主流派政党はなぜ力を失ったか

マイケル・ブローニング/フリードリヒ・エーベルト財団 国際政策部長

The Rise of Populism in Europe

Michael Broning フリードリヒ・エバート・スティフタング財団 国際政策部長。

2016年7月号掲載論文

ヨーロッパでなぜポピュリズムが台頭しているのか。既存政党が政策面で明らかに失敗していることに対する有権者の幻滅もあるし、「自分たちの立場が無視されていると感じていること」への反動もある。難民危機といまも続くユーロ危機がポピュリズムを台頭させる上で大きな役割を果たしたのも事実だ。いまやフィンランド、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、ノルウェー、スイスを含む、多くのヨーロッパ諸国で右派政党がすでに政権をとっている。「イギリス独立党」、フランスの「国民戦線」、「ドイツのための選択肢」など、まだ政権を手に入れていない右派政党もかなりの躍進を遂げている。中道右派と中道左派がともにより中道寄りの政策へと立場を見直したために、伝統的な右派勢力と左派勢力を党から離叛させ、いまやポピュリストがこれらの勢力を取り込んでいる。厄介なのは、ヨーロッパが直面する問題はEUの統合と協調を深化させることでしか解決できないにも関わらず、ヨーロッパの有権者たちがこれ以上ブリュッセルに主権を移譲するのを拒絶していることだ。・・・

  • 何がポピュリズムを台頭させているか
  • 中道勢力の衰退とポピュリズムの台頭
  • いかに巻き返しをはかるか

<何がポピュリズムを台頭させているか>

2016年5月22日、オーストリアの極右政党・自由党のノルベルト・ホーファーは、大統領選挙の決選投票で49・7%の票を獲得した。最終的に大統領にはなれなかったとはいえ、ホーファーがかくも大きな支持を集めたことは、ヨーロッパのポピュリズムが新たな段階に進んでいることを意味する。

フィンランド、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、ノルウェー、スイスを含む、多くのヨーロッパ諸国で右派政党がすでに政権をとっている。「イギリス独立党」、フランスの「国民戦線」、「ドイツのための選択肢」など、まだ政権を手に入れていない右派政党もかなりの躍進を遂げている。

一方、依然として危機のなかにある南ヨーロッパでは左派のポピュリスト政党が台頭している。反緊縮を掲げるスペインのポデモスは、6月の選挙では国民党に次いで大きな支持を集めると考えられている。ギリシャでは、チプラス首相率いる左派の急進左派連合が、なんと右派のポピュリスト政党・「独立ギリシャ人」と連立政権を組んでいる。・・・

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2016 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top