Frederic Legrand - COMEO / Shutterstock.com

日本の新しいリアリズム
―― 安倍首相の戦略ビジョンを検証する

マイケル・オースリン アメリカン・エンタープライズ研究所 レジデントスカラー、日本研究ディレクター

Japan's New Realism
―― Abe Gets Tough

Michael Auslin アメリカン・エンタープライズ研究所。レジデントスカラー、日本研究ディレクター。「アジアにおける地政学リスク」を近く出版予定。イェール大学准教授を経て現職。

2016年4月号掲載論文

日本の地域的役割の強化を目指し、民主国家との連携強化を試みるために、安全保障行動の制約の一部を取り払おうとする安倍首相の現実主義的な外交・安全保障路線は、北朝鮮と中国の脅威という地域環境からみても、正しい路線だ。たしかに論争は存在する。市民の多くが平和主義を求める一方で、識者たちは日本の安全保障に対する脅威を憂慮している。しかし、そうした社会的緊張には、孤立主義や介入主義といった極端な方向に日本が進むことを防ぐ効果がある。超国家主義が日本を近隣諸国に対する侵略と戦争へと向かわせた1930年代と違って、現在の日本は、アジアを豊かさと安定へと導く「リベラルなシステム」を強化し、擁護していくために、古い制約を解体しつつある。再出現した権威主義国家がグローバルな平和を脅かすような世界では、日本の新しいリアリズムが太平洋地域の今後10年を形作るのに貢献し、アジアを特定の一国が支配するような事態にならないことを保証する助けになるはずだ。

  • 前向きな変化
  • 冷戦終結から尖閣まで
  • 安倍政権の大戦略
  • 近隣諸国と日本の防衛
  • アジアを作り替える

<前向きな変化>

2015年9月、日本の安倍晋三首相の立場に異議を唱える数万人が東京の国会議事堂周辺に結集した。時に激しい雨に打たれながらも、人々はプラカードを掲げ、声を上げて反戦を訴えた。彼らは、戦後70年で初めて外国へ自衛隊を派遣できるようにする法案に反対していた。デモ参加者たちは、(安保法案が成立すれば)日本の平和主義が損なわれ、(軍事的)冒険主義へと突き進むのではないかと心配していた。9月17日、野党政治家が採決を防ごうとしたため、普段は静かな国会も騒然とした状態に陥った。しかし採決阻止は失敗し、安保法案はそのまま成立した。

野党政治家も抗議集会の参加者たちも目的を達成できなかったかもしれないが、日本は正しい路線へとシフトし、その外交政策は現実に変化しつつある。2012年9月に自民党総裁ポストに返り咲いて以降、安倍は日本の国家安全保障体制を再編しようと、行政制度や法律を含む、外交・防衛政策に関わる一連の改革を進めてきた。目的は、日本の地域的役割を強化していくことにある。中国パワーの劇的な拡大など、アジア地域での急激な変化に対応しようと、彼は国際システムを穏やかに捉えた戦後の平和主義から離れて、より現実主義的な新しい外交路線を模索している。・・・

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2016 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top