MediaPictures.pl / Shutterstock.com

イギリスの新しい国際的役割とは
―― 衰退トレンドを克服するビジョンを

ピーター・マーチン APCOワールドワイド  アソシエート・ディレクター

After Empire ―― An Era of British Decline

Peter Martin政治分析者。APCOワールドワイド・アソシエートディレクター。

2016年3月掲載論文

イギリスの政治階級は、バックミラーを見ながら、将来を考えようとしている。このために、変化する世界におけるイギリスの地位について考えることができずにいる。この現状の根底にあるのは、国家アイデンティティの危機だ。歴史的に、イギリスは世界の覇権国からの凋落を正面から受け止めてこなかった。この国の世論調査では依然として「我が国は大国であり続けることを望むべきか」という問いかけがなされる。2015年の調査でも63%がイエスと答えているが、世界は、大国としてのイギリスの時代が終わっていることを知っている。イギリスの衰退を覆すには、過去を前提にするのではなく、未来から現在を捉える必要がある。ロンドンは、イギリスのことを「グローバル化を促進するとともに、その問題に対処していくことを目的とする思想と議論を提供し、橋渡し役を担う存在にすること」を考えるべきだろう。

  • 指針を失った外交
  • アイデンティティ危機
  • イギリスの実力

<指針を失った外交>

イギリスは価値のないプレイヤーへと転落していく危険に直面している。欧州連合(EU)からの脱退の是非を問う国民投票が(2016年6月に)実施されるため、世界最大の経済圏(EU)のメンバーシップが不安定化するリスクを抱えているし、スコットランドにおけるナショナリズム(と分離独立志向)の台頭ゆえに、イギリスの領土保全の先行きさえはっきりしない。(経済利益ばかりを追い求める)昨今のイギリス外交は、その消極性と短絡性ゆえに広く嘲笑の対象にされている。

2015年5月にキャメロンが再選を果たして間もない時期に、CNNのファリード・ザカリアは、「イギリスは大国(国際パワー)としての地位を維持していくのをもはやあきらめたようだ」とコメントし、ロス・ドゥザットもニューヨーク・タイムズ紙のコラムで「イギリスの自殺」という論説記事をまとめ、かつての大国を偲んでみせた。

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2016 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top