ブッシュ政権は開かれた社会に対する脅威だ

スピーカー ジョージ・ソロス ソロス・ファンド・マネジメント会長
司会 チャーリー・ローズ 米公共放送(PBS)「チャーリー・ローズ・ショー」ホスト

The Bubble of American Supremacy

GeorgeSoros ヘッジファンドの第一人者として知られる。投資家としての活動のほか、開かれた社会の実現を目指 した慈善活動、啓蒙活動にも力を入れている。著書に『グローバル・オープン・ソサエティ――市場原理主義を超えて』 などがある。

2004年4月号掲載論文

世界的に有名な投資家ジョージ・ソロスがブッシュ批判を展開した。「アメリカは圧倒的なパワーを乱用して自分の意思を世界に押しつけようとしている」と。秋の大統領選については民主党のジョン・ケリー氏支持を明言した。邦訳文は、2004年2月18日にニューヨークの米外交問題評議会で行われたミーティング・プログラムからの抜粋・要約。全文(英文)はwww.cfr.orgからアクセスできる。

  • ブッシュ政権の欺瞞
  • 独裁者を排除していくルールを

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

Copyright 2004 by the Council on Foreign Relations, Inc. and Foreign Affairs, Japan

Page Top