米大統領選挙と外交論争

レスリー・H・ゲルブ/前米外交問題評議会会長

Foreign Policy Likely to Be Major Topic

Leslie H. Gelb ニューヨーク・タイムズのコラ ムニスト、米国務省、国防総 省の要職を経て、米外交問 題評議会会長を10年務め た(1993~2003)。1985 年にはピュリツァー賞も受賞 している。

2004年4月号掲載論文

2004年の米大統領選挙では1972年以来30年ぶりに、外交問題が論争の焦点の一つにされるだろうと、レスリー・ゲルブ前米外交問題評議会会長は予測する。単独行動主義か、国際協調かが主要な争点とされるであろう今回の選挙でどちらを支持するかと聞かれれば、「私はケリーを支持する」とゲルブは民主党候補への支持を表明した。また、戦後のイラクについては、クルド人、スンニ派、シーア派を共存させるには、イラクを連合国家にするしかないと指摘した。ゲルブはすでにニューヨーク・タイムズ紙でイラク連合国家論を展開している。  

聞き手はバーナード・ガーズマン(www.cfr.orgのコンサルティング・エディター)。  全文(英文)はwww.cfr.orgからアクセスできる。

  • 国際協調か、単独行動か
  • イラク問題

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

Copyright 2004 by the Council on Foreign Relations, Inc. and Foreign Affairs, Japan

Page Top