次期大統領のための外交経済統合政策
―グローバル化と自由貿易を守るには

C・フレッド・バーグステン 国際経済研究所所長

Foreign Economic Policy for the Next President

C. Fred Bergsten 一九八一年からワシントンにある国際経済研究所所長。国家安全保障会議経済政策担当顧問(一九六九~七一)、財務次官補(一九七七~八一)も歴任。APEC賢人会議の議長も務めた(一九九三~九五)。専門は貿易政策、国際金融、グローバル化など。

2004年3月号掲載論文

  • 経済と外交を連動させよ
  • 経済秩序の多極化と新たな課題
  • 為替問題に目を向けよ
  • 市場開放への新たなアプローチ
  • グローバル化に対する国内の反発
  • 適正なエネルギー価格を実現するには
  • G2を組織せよ
  • グローバル化を推進するには

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

Copyright 2004 by the Council on Foreign Relations, Inc. and Foreign Affairs, Japan

Page Top