大国中国で進行する静かな外交革命

エバン・S・メデイロス/ランド研究所アジア担当リサーチスタッフ
M・テイラー・フラベル/ハーバード大学オリン研究所フェロー

China's New Diplomacy

Evan S. Medeiros ランド研究所のアジア担当リサーチスタッフ。専門は中国の外交と安全保障。
M. Taylor Fravel ハーバード大学オリン研究所研究員。専門は中国の外交と安全保障。

2003年11月号掲載論文

中国は国際社会におけるこれまでの対決色を弱め、より洗練され、自信に満ちた態度をとるようになり、国益を促進する手段として国際的制度、ルール、規範で織り上げられた国際社会のシステムを受け入れている。一部では、国際システムを自ら形づくろうとさえしている。  
見事な経済成長から得た自信ゆえに、近代の国際社会のすべてを「150年におよぶ屈辱の歴史」というレンズを通してみることをやめ、「大国としての中国」という認識を基準に外交路線を考えるようになっている。

  • 国際社会のプレーヤーとしての中国
  • 中国外交の何がどう変わったか
  • 台湾問題
  • 政策決定の制度化
  • 「犠牲者意識」の克服と大国としての中国
  • 大国中国の台頭が伴う機会と課題

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

Copyright 2003 by the Council on Foreign Relations, Inc. and Foreign Affairs, Japan

Page Top