地球温暖化対策の盲点

トマス・シェリング メリーランド大学経済学教授

The Cost of Combating Global Warning: Facing the Tradeoffs

Thomas Schelling 専門は政治経済学。その経済学的手法での政治分析には定評がある。代表的な著作に The Strategy of Conflict や Micro Motives and Macro Behavior がある。

1998年1月号掲載論文

途上国だけでなく、先進国も温暖化に派生するさまざまな問題を抱え込む。気候の変動が急激に進めば、(それによって引き起こされる)もっとも劇的な問題は、寄生虫性、熱帯性の病気の蔓延だろう。気温と湿度の上昇はマラリア蚊の生息や河川に影響を与え、住血吸虫病、デング熱、幼児性下痢を流行させ、これらは、先進諸国の人々が懸念している放射性物質、化学的有毒物質を上回る脅威になるだろう。

  • 途上国の見解
  • 温暖化対策への一体感をいかに育むか
  • 排出の上限設定の問題
  • 現実逃避に陥るな

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 1998 by the Council on Foreign Relations, Inc.,and Foreign Affairs, Japan

Page Top