Foreign Affairs Japan / フォーリン・アフェアーズ・リポート

フォーリン・アフェアーズ・リポート 購読案内
  RSS お気に入りに登録 RSS FAQ
 
HOME アーカイブ(論文検索)Agenda & Current IssuesSubscribers' Only 購読案内フォーリン・アフェアーズ・リポートについて


新しい現実
――溶けていく中東秩序、解体するヨーロッパ市民社会
(4月号プレビュー)

新しい現実と主権国家の行方
―― ウエストファリアとキッシンジャーの世界
(2015年4月号)
ウォルフガング・イッシンガー / 元駐米ドイツ大使

中東ではシリア内戦によって数十万人が犠牲になり、いまやジハード主義勢力が中東全域を脅かしている。アジアでも、経済的台頭を遂げた中国が強硬路線をとるようになり、近隣諸国はこの動きを警戒している。西アフリカではエボラ出血熱が数カ国を機能不全に追い込んでいる。ルールを重んじ、もっとも制度化が進んでいるヨーロッパのリベラルな規範も、プーチン大統領が軍事的侵略をロシアの国策として復活させたことで、大きな圧力に晒されている。一方、これまでにグローバル秩序の擁護者の役割を果たしてきた欧米、特にアメリカがその役割を果たすことを躊躇っている。しかも、台頭途上にある新興大国は、これまでのところ国際的安定を擁護していく意思も能力ももっていない。キッシンジャーなら、この現状をどう考えるだろうか。


21世紀における 思想とソフトパワー
―― 中国、ロシア、中東革命

(2015年4月号)
ジョセフ・S・ナイ / ハーバード大学教授

他国の人々を魅了するソフトパワーという点では、現状でアメリカと競い合える国はない。なぜ27万の中国人学生がアメリカの大学で学んでいるのだろうか。なぜ習近平は娘をハーバードで学ばせたのか。・・・1930年代にヒトラーはアメリカとはまったく違う思想で他を魅了しようとした。スターリンも冷戦を共産主義思想で捉えることで他を魅了しようと考えた。イスラム国も部分的に他を魅了する思想を語ることで中東における深刻な脅威を作りだしている。・・・ プーチンも習近平も、自国のソフトパワーについて多くのことを語っている。だが2人とも、それをどう利用すればよいかが分かっていない。 ・・・アジア地域では大きなワシントンの政策変更はないだろう。今後2年でヨーロッパへの政策が変化するとも思わない。だが、中東はかつてのヨーロッパにおける30年戦争を思わせる大きな混乱のなかにある。過剰でも過小でもないどの程度の介入をアメリカが行うかが重要になる。イスラム国がいなくなっても、別の似た組織が登場するだろう。結局のところ、中東はボトムアップ型の奥深い革命を経験している。決着がつくまでには20−30年の時間が必要になるだろう。・・・ (聞き手、イアン・ブレマー ユーラシアグループ会長)


解体したヨーロッパ市民社会
―― 多文化主義と同化政策はなぜ失敗したか

(2015年4月号)
ケナン・マリク / インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ紙 コラムニスト

多文化主義と同化主義は、社会の分裂に対する二つの異なる政策処方箋だが、結局、どちらもヨーロッパの社会状況を悪化させてきた。英独は多文化主義政策を、フランスは同化政策を導入した、だが、イギリスではコミュニティ同士の衝突がおき、ドイツのトルコ人コミュニティは社会の主流派からさらに切り離され、フランスでは当局と北アフリカ系コミュニティの関係が険悪になった。しかし、社会が分裂し、マイノリティが疎外され、市民の怒りが高まっている点では各国は同じ状況にある。理想的な政策は「多文化主義の多様性を受容する側面と、同化主義の誰でも市民として扱う側面を結合させることだろう」。だが、ヨーロッパ諸国はその正反対のことをやってきた。多文化主義と称してコミュニティをそれぞれの箱に閉じ込めるか、同化主義と称してマイノリティを主流派から疎外してきた。この政策が分断を作り出してしまった。




中東ではシリア内戦によって数十万人が犠牲になり、いまやジハード主義勢力が中東全域を脅かしている。アジアでも、経済的台頭を遂げた中国が強硬路線をとるようになり、近隣諸国はこの動きを警戒している。西アフリカではエボラ出血熱が数カ国を機能不全に追い込んでいる。ルールを重んじ、もっとも制度化が進んでいるヨーロッパのリベラルな規範も、プーチン大統領が軍事的侵略をロシアの国策として復活させたことで、大きな圧力に晒されている。・・・キッシンジャーなら、この現状をどう考えるだろうか。(イッシンガー)

・・・1930年代にヒトラーはアメリカとはまったく違う思想で他を魅了しようとした。スターリンも冷戦を共産主義思想で捉えることで他を魅了しようと考えた。イスラム国も部分的に他を魅了する思想を語ることで中東における深刻な脅威を作りだしている。(ナイ)

英独は多文化主義政策を、フランスは同化政策を導入した。・・・多文化主義と称してコミュニティをそれぞれの箱に閉じ込めるか、同化主義と称してマイノリティを主流派から疎外してきた。この政策が分断を作り出してしまった。多文化主義と同化主義は、社会の分裂に対する二つの異なる政策処方箋だが、結局、どちらもヨーロッパの社会状況を悪化させてきた。(マリク)



4月号プレビュー










 

内戦への道を歩むイエメン
――シーア派系フーシ派の目的は何か

エイプリル・ロングレー・アレイ

2015年1月、イエメンでイスラム教シーア派系武装勢力「フーシ派」が権力を掌握し、議会を解散して暫定政府の樹立を宣言した。しかし、政治的経験のないフーシ派には、政府を運営し、経済を管理していく力はない。これまでの問題を批判するだけで、統治上の責任はほとんど果たせずにいる。一方でイエメンのスンニ派系テロ集団・アラビア半島のアルカイダ(AQAP)は、紛争を宗派抗争へ持ち込もうと策謀している。・・・

 










日韓関係の修復はできる
―― 問題は歴史ではなく、安全保障領域にある

ジェニファー・リンド

多くの人は、日韓関係がうまくいかないのは、歴史問題に派生する敵意ゆえに信頼できる関係を構築できずにいるからだと考えている。だがこの説明は十分ではない。現象と原因を取り違えている。日韓の歴史論争は、関係がうまくいっていないことに派生する現象であって、関係を悪化させている原因ではない。・・・









中国経済はなぜ失速したか
―― 新常態を説明する二つの要因
サルバトーレ・バボネス

中国経済の成長率鈍化を説明する要因は二つある。一つは出生率の低下、もう一つは都市への移住ペースの鈍化だ。中国の経済ブーム・高度成長の時代は終わったのだ。今後成長率はますます鈍化し、2020年代には中国の成長率は横ばいを辿るようになるだろう。・・・





Focal Points(過去のトップページ特集)

小国の巨人
――リー・クアンユーの遺産
原油安と地政学
―― サウジの石油戦略、
ヨーロッパとロシアのエネルギー資源
(4月号プレビュー)
中国経済はなぜ失速したか
―― 新常態を説明する
二つの要因
(4月号プレビュー)
内戦への道を歩むイエメン
――シーア派系フーシ派の
目的は何か
(4月号プレビュー)
脅かされるヨーロッパの民主社会
―― 多文化主義、緊縮財政、
反移民感情
(4月号プレビュー)
量的緩和とドル高とTPP
―― 通貨戦争のリスクと貿易交渉
(4月号プレビュー)
進化するか、日本の安全保障構造
―― 変化した国際環境で問われる
日米同盟の価値
フランシス・フクヤマの世界
―― もし女性が世界政治を
支配すれば

以前のFocal Pointsはこちらから>>

最新号のご案内

 

イスラム国の全貌
―― なぜ対テロ戦略は通用しないか

 
オードリー・クルト・クローニン
アサド大統領、シリア紛争を語る
 
バッシャール・アサド
<CFR Meeting>
世界経済アップデート
―― 原油安、ドル全面高、量的緩和、 ロシア・ヨーロッパ経済
  ルイス・アレクサンダー 、フィリップ・レグレイン 、マイケル・A・レビ
ウクライナを救うには
―― 武器支援ではなく、経済援助を
  ラジャン・メノン、 キンバリー・マルテン
プーチン・システムの黄昏
―― 民衆蜂起、クーデター、分離独立運動
  アレクサンダー・モティル
<CFR Interview>
進化するか、日本の安全保障構造
―― イスラム国ショックと日本の進路
  マイケル・オースリン
欧州連合を崩壊から救うには
―― 緊縮財政から欧州版三本の矢へ
  マティアス・マティス、 R・ダニエル・ケレメン
緊縮財政が民主主義を脅かす
―― ルビコン川を渡ったヨーロッパ
  マーク・ブリス、 コーネル・バン
 
他全11本掲載
小国の巨人
――リー・クアンユーの遺産
文化は宿命である
もし女性が世界政治を支配すれば
「歴史の終わり」の後の新世界地図
北東アジアにおける歴史戦争
―― アメリカの関与がなぜ必要か
ドイツの覇権という虚構
――追い込まれたベルリン
欧米の政治危機とポピュリズムの台頭
―― 生活レベルの停滞と国家アンデンティティ危機
論争 悪いのは欧米かロシアか
―― ウクライナ危機の本質は何か
CFR Report
孤立した一本の矢
―― 量的緩和の国際的
政治・経済リスク
アジアにおけるアメリカと中国
―― 相互イメージと米中関係の未来
中国の意図は何か
アジア重視戦略の本質
定期購読会員の方
フォーリン・アフェアーズ・リポートについて
・会社情報 ・お問い合わせ先 ・求人
 
リンク
Asahi Shimbun Asia Network
 
フォーリン・アフェアーズ・ジャパンを
フォローする
Twitter
Facebook
RSS
Newsletter
Copyright by Council on Foreign Relations, Inc. & Foreign Affairs, Japan. All rights reserved