Foreign Affairs Japan / フォーリン・アフェアーズ・リポート

フォーリン・アフェアーズ・リポート 購読案内
  RSS お気に入りに登録 RSS FAQ
 
HOME アーカイブ(論文検索)Agenda & Current IssuesSubscribers' Only 購読案内フォーリン・アフェアーズ・リポートについて



特集 中東危機を検証する
(2014年9月号プレビュー)



「イスラム国」の衝撃
―― 包括的空爆作戦の実施を

(2014年9月号)
バラク・マンデルソーン/ハーバーフォード大学准教授(国際政治)


「イスラム国」はイラクでの最近の軍事的成功を追い風に、シリアでも支配地域の拡大を試み、数日間だったとはいえ、レバノンの国境地帯の町アルサルさえも攻略した。自信を深めた彼らは、いまやイラク、シリア、レバノンの軍隊を相手に戦闘を繰り広げている。その目的は、支配地域を拡大し、戦費を調達するのに有用な石油施設やダムを押さえ、厳格なイスラム主義を制圧地域住民に強要し、ジハード主義集団内で自分たちの優位を確立することにある。すでにアルカイダ系のジハード組織のメンバーが「イスラム国」に参加しつつあることを米情報機関は確認しており、今後、その流れはますます大きくなっていくと考えられる。「イスラム国」の拡大をこのまま放置すべきではない。「イスラム国」と正面から対峙するタイミングを先送りすればするほど、その対応コストは大きくなる。


レバノン化する中東
―― 重なり合う宗派主義と地政学の脅威

(2014年9月号)
バッサル・F・サルーク/レバノン・アメリカ大学准教授(政治学)


2014年は中東におけるリアリストの地政学抗争に感情的な宗派対立が重なり合う新しい地域秩序が誕生した時代としていずれ記憶されることになるかもしれない。宗派対立へと中東の流れを変化させるきっかけを作り出したのは、2003年のアメリカのイラク戦争だった。その後、地政学抗争と宗派アイデンティティの重なり合いはシリア内戦によってさらに固定化され、これが紛争の破壊性と衝撃を高めている。最近のイラクにおける「イスラム国」(ISIS)の軍事攻勢と勝利も、「排他的で視野の狭い宗派、民族、宗教、部族主義の政治化」という2003年以降のトレンドを映し出している。いまや中東全域がレバノン化しつつある。

ガザ地区封鎖の解除を
―― 第3次インティファーダを回避するには

(2014年9月号)
カレド・エルギンディ/ブルッキングス研究所フェロー


第2次インティファーダを「われわれが犯した最大の間違いの一つ」とみなすパレスチナ自治政府のアッバス議長は、インティファーダ(暴力的抵抗路線)を復活させれば、前回同様にイスラエルの激しい対応を招き入れ、アメリカとの関係も悪化することを理解している。一方、ハマスも抵抗路線を西岸へと広げるよりも、イスラエルとの紛争が終わった後は傷を癒やして、ガザにおける立場の再建に専念したいと考えている。だが近いうちに、二つのグループはイスラエルに対する全面的な抵抗路線をとることへのためらいを払拭するかもしれない。別の言い方をすれば、現在進行しているガザでの戦争を前に、ハマスとファタハは異なるアジェンダをそれぞれが追い求めることの不毛を理解するようになるかもしれない。イスラエルもエジプトも、ハマスを信頼していない以上、第3次インティファーダを回避するには、ガザ地区の封鎖を解除し、その境界線をパレスチナ自治政府に監視させるしか手はないだろう。

 

「イスラム国」はイラクでの最近の軍事的成功を追い風に、シリアでも支配地域の拡大を試み、数日間だったとはいえ、レバノンの国境地帯の町アルサルさえも攻略した。自信を深めた彼らは、いまやイラク、シリア、レバノンの軍隊を相手に戦闘を繰り広げている。.....「イスラム国」の拡大をこのまま放置すべきではない。「イスラム国」と正面から対峙するタイミングを先送りすればするほど、その対応コストは大きくなる。(マンデルソーン)

最近のイラクにおける「イスラム国」(ISIS)の軍事攻勢と勝利も、「排他的で視野の狭い宗派、民族、宗教、部族主義の政治化」という2003年以降のトレンドを映し出している。いまや中東全域がレバノン化しつつある。(サルーク)



8月号から

 



 

 

 

不満と反発が規定する世界
マイケル・マザー

いまや世界の主要な安全保障リスクは、怒りや反発に支配された国や社会、あるいは、社会に疎外され、取り残されて不満を募らせる集団によって作り出されている。今後、安全保障上の脅威は、傷つけられたと感じ屈辱を抱く人々が、それを克服し、自分の価値を取り戻そうと試みるプロセスのなかで出現するようになるだろう。



 

 

 


漂流するロシアの自画像
―― プーチンとソビエトの遺産

キース・ゲッセン


多くのロシア人はスターリン時代に郷愁を感じている。だが、大多数のロシア人がプーチンを支持しているとはいえ、支持者の半分はスターリンを嫌い、残りの約半分はスターリンに心酔している。これはスターリンとは違うからプーチンを支持する人もいれば、スターリンと似ているからプーチンを支持する人もいることを意味する。・・・


9月10日発売号から

 


 

 

 

 

悪いのはロシアではなく欧米だ
―― プーチンを挑発した欧米のリベラルな幻想
ジョン・ミアシャイマー

米ロは異なるプレーブックを用いている。プーチンと彼の同胞たちがリアリストの分析に即して考え、行動しているのに対して、欧米の指導者たちは、国際政治に関するリベラルなビジョンを前提に考え、行動している。その結果、アメリカとその同盟諸国は無意識のうちに相手を挑発し、ウクライナにおける大きな危機を招き入れてしまった。


 

 

 

 

対ロ経済制裁と日本のジレンマ
――制裁で変化するアジアのパワーバランス
イーライ・ラトナー
エリザベス・ローゼンバーグ


ウクライナ危機がさらに深刻化すれば、ワシントンはモスクワに対する制裁措置をさらに強化するかもしれない。しかし、ロシアを孤立させるための経済制裁は、必要以上に大きなコストをヨーロッパだけでなく、アジアの同盟国にも強いることになる。そうした対ロシア関係のバランスの崩壊にもっとも苦しんでいるのが日本だ。

2014年8月号の要旨はこちら>>




Agenda and Current Issues
2014.07.25更新

Focal Points(過去のトップページ特集)

変化するヨーロッパの基層構造
――キリスト教民主主義の衰退とヨーロッパ統合の未来
(2014年9月号プレビュー)
2014年9月号プレビュー

日米同盟の古くて新しい試金石
―― 東シナ海における中国の現状変革路線
解体する国と秩序
――なぜ国は分裂するのか
 
エボラ・アウトブレイク
―― 感染症対策を阻む西アフリカの政治と文化
(2014年9月号プレビュー)
金融政策と貿易摩擦
――最近の経済論文から
中国発、環境汚染の衝撃
――大気・海洋汚染と枯渇する水資源
イギリスのEU脱退とスコットランド独立
――イギリスの暑い夏
 

以前のFocal Pointsはこちらから>>

最新号のご案内

 

ロシアとの新冷戦を管理するには

 
ロバート・レグボルド
漂流するロシアの自画像
―― プーチンとソビエトの遺産
 
キース・ゲッセン
ウクライナにおけるロシアの戦争
―― 内戦から地域紛争へ
  デビッド・ゴードン
ジョーダン・シュナイダー
なぜ国は分裂するのか
―― 国境線と民族分布の不均衡
  ベンジャミン・ミラー
日米同盟の古くて新しい試金石
―― 中国の脅威をいかに抑え込むか
  ジェニファー・リンド
米金融政策の国際的衝撃
  ベン・ステイル
ガザ侵攻とイスラエルの戦略的敗北
  アリエル・イラン・ロス
 
他全15本掲載
ガザ地区封鎖の解除を ―― 第3次インティファーダを回避するには
エボラ・アウトブレイク ――感染の封じ込めを阻むアフリカの政治と文化
変化した日本の政治とナショナリズム
トルコのソフトパワーと中東
―― ギュル大統領との対話
米大企業CEO巨額報酬の謎に迫る
民主主義の道徳的危機
感情の衝突 ―― 恐れ、屈辱、希望の文化と新世界秩序
新疆ウイグルで何が起きているのか
―― 中国のワイルドウエスト
ロシアと民間航空機撃墜事件
EU脱退という愚かで危険な火遊び ―― キャメロン英首相の危険なゲーム
イギリスがEUから脱退すれば ―― ヨーロッパもイギリスも敗者となる
イギリスの暑い夏 ――イギリスのEU脱退とスコットランド独立
ガザ侵攻とイスラエルの戦略的敗北 ―― ハマスはすでに勝利を手にしている
ウクライナにおけるロシアの戦争 ―― 撃墜事件が明らかにしたロシアの軍事介入
NSAの無節操なスパイ活動 ―― 安全保障とプライバシー保護の間
定期購読会員の方
フォーリン・アフェアーズ・リポートについて
・会社情報 ・お問い合わせ先 ・求人
 
リンク
Asahi Shimbun Asia Network
 
フォーリン・アフェアーズ・ジャパンを
フォローする
Twitter
Facebook
RSS
Newsletter
Copyright by Council on Foreign Relations, Inc. & Foreign Affairs, Japan. All rights reserved