Foreign Affairs Japan / フォーリン・アフェアーズ・リポート

 
フォーリン・アフェアーズ・リポート 購読案内
  RSS お気に入りに登録 RSS FAQ
HOME アーカイブ(論文検索)Agenda & Current IssuesSubscribers' Only 購読案内フォーリン・アフェアーズ・リポートについて
立ち読みコーナー
 
―1947年〜2012年1月20日―
 各論文の公開部分がPDF、またはテキストでご覧いただけます。
 
Newly Released最近公開した時事問題を考える上で有益な論文
 
Agenda世界の注目を集める重要なイシューを分析する論文
 
Classics「X論文」や「文明の衝突」など、歴史に残る過去の名論文
   
※「立ち読みコーナー」へのリンクは自由です。ただし、論文の無断転用・転載はお断りいたします。
   
※※ メディア、及びブロガーの方へ:公開論文の放送・記事での引用については、
 「フォーリン・アフェアーズ日本語版●●年●月号の『<論文タイトル>』)によれば」、とクレジットを必ず入れてください。長文の引用については、全体の2割程度なら許容範囲です。この場合も間違いなくクレジットの明記をお願いいたします。
 

newly released
 

< >内は公開した日付
 

・アフリカの資本主義革命 ―― 危機のなかで成長を維持するには-Subscribers' Only- / イーサン・B・カプスタイン<1/20/2012>

・ロシア権威主義経済モデルの虚構 ――独裁体制と経済成長に因果関係はあるのか-Subscribers' Only- / マイケル・マクフォール、キャサリン・ストーナー=ウェイス<1/20/2012>

・原油価格大変動の時代へ ――生産調整能力を失ったサウジアラビア-Subscribers' Only- / ロバート・マクナリー、マイケル・レビ<1/19/2012>

・イランの核開発に打つ手はあるのか ――外交、軍事攻撃、あるいは封じ込めか-Subscribers' Only- / リュエル・マーク・ゲレット、ケニース・M・ポラック<1/19/2012>

・イランの核開発に打つ手はあるのか ――外交、軍事攻撃、あるいは封じ込めか(部分公開) / リュエル・マーク・ゲレット、ケニース・M・ポラック<1/19/2012>

・イランはすでに核弾頭を 搭載できるミサイルを保有している(部分公開) /マイケル・エルマン<1/17/2012>

・イランはすでに核弾頭を 搭載できるミサイルを保有している-Subscribers' Only- /マイケル・エルマン<1/17/2012>

・なぜユーロプロジェクトは失敗したか ―― ギリシャのユーロ離脱は何を引き起こすか(部分公開) /マーティン・フェルドシュタイン<1/16/2012>

・ユーロ危機とヨーロッパの政治(部分公開) /モーリジオ・モリナーリ、アンドリュー・ナゴルスキー、エレイン・シオリーノ<1/16/2012>

・思索の人、ジョージ・F・ケナンの遺産 ―― 決して満足しない精神(部分公開) /ニコラス・トンプソン<1/13/2012>

・ケナンと『フォーリン・アフェアーズ』(部分公開) /ピーター・グローズ<1/13/2012>

・ソビエト対外行動の源泉(X論文) (部分公開) /ジョージ・ケナン<1/13/2012>

・インドネシア ―― BRICsへの遠い道のり /カレン・ブルック <1/13/2012>

・いかに先進国は知識労働者を移民として魅了できるか ―― ドイツのジレンマ-Subscribers' Only- /タマール・ジャコビー<1/13/2012>

・2012年のアジアを考える(部分公開) /エヴァン・フェイゲンバーム <1/10/2012>

・2012年のアジアを考える-Subscribers' Only- /エヴァン・フェイゲンバーム<1/10/2012>

・ペンタゴンのアジア・太平洋シフト――戦略と予算の衝突 / CFRブリーフィング <1/10/2012>

・台頭するアフリカ ―― その経済ブームの秘密とは(部分公開) / エドワード・ミゲル <1/6/2012>

・エジプトの政治と外交を変えるムスリム同胞団の正体 ―― その圧倒的存在感の秘密 -Subscribers' Only-/エリック・トラガー<1/6/2012>

・2012年の世界経済を左右する五つのトレンズ ―― 鍵を握るのは米欧の政治(部分公開) / マイケル・スペンス、ユコン・ファン、トーマス・フィリポン、アシュレー・レスター、ヤコブ・キルケガード、ゲリー・バートレス <1/6/2012>

・2012年の世界経済を左右する五つのトレンズ ―― 鍵を握るのは米欧の政治-Subscribers' Only- /マイケル・スペンス、ユコン・ファン、トーマス・フィリポン、アシュレー・レスター、ヤコブ・キルケガード、ゲリー・バートレス<1/6/2012>

・漂流する先進民主国家 ―― なぜ日米欧は危機と問題に対応できなくなったか(部分公開) / チャールズ・クプチャン <12/28/2011>

・金正日後の北朝鮮のオプション(部分公開) / マイケル・グリーン <12/26/2011>

・金正日後の北朝鮮のオプション-Subscribers' Only- /マイケル・グリーン<12/26/2011>

・中国 ――不動産バブルの崩壊か(部分公開) / パトリック・チョバネク <12/26/2011>

・中国 ――不動産バブルの崩壊か-Subscribers' Only- /パトリック・チョバネク<12/26/2011>

・中国のバブルははじける(部分公開) / リチャード・ホーニック <12/26/2011>

・中国のバブルははじける-Subscribers' Only- / リチャード・ホーニック<12/26/2011>

・ 外からの変革ではなく、 北朝鮮の内からの変革を促せ―Subscribers' Only―/チャールズ・プリチャード、ジョン・H・ティレリ、スコット・スナイダー<12/20/2011>

・ 北朝鮮に対する巻き返し策を―Subscribers' Only―/チャールズ・プリチャード、ジョン・H・ティレリ、スコット・スナイダー<12/20/2011>

・疾病の蔓延が中国経済を脅かす ―― 中国は「アジアの病人」なのか (部分公開) /ヤンゾン・ファン<12/16/2011>

・ ポストケ小平改革が促す中国の新対外戦略 ―― 中国は新たな国際ルールの確立を目指す―Subscribers' Only―/エリザベス・エコノミー<12/16/2011>

・ ユドヨノ大統領が語る インドネシアの次なる改革アジェンダ―Subscribers' Only―/スシロ・バンバン・ユドヨノ<12/16/2011>

・ スハルト以後のインドネシア―Subscribers' Only―/アダム・シュワルツ<12/16/2011>

・ 対イラン制裁ではウラン濃縮を 阻止できない理由―Subscribers' Only―/ホセイン・G・アスカリ<12/15/2011>

・ロシアの「死にゆく社会」 ―― 想定外の人口減少はロシアをどう変えるか(部分公開) / ニコラス・エバースタット<12/14/2011>

・ユーロゾーンの将来を左右する ヨーロッパの政治 ――ECBは最後の貸し手になれるか(部分公開) / トーマス・フィリポン、ベン・ステイル<12/12/2011>

・ならず者の息子たち /ロバート・ダニン<12/9/2011>

・ 国のパワーの源泉は、力強い生産基盤、 健全な金融、そしてガバナンスにある―Subscribers' Only―/ポール・ケネディ<12/9/2011>

・ アメリカは「新しいアジア」にどう関わるべきか ―5カ国(日中韓プラス米ロ)協議メカニズムの構築を―Subscribers' Only―/エヴァン・フェイゲンバーム、ロバート・マニング<12/9/2011>

・対イラン制裁ではウラン濃縮を 阻止できない理由(部分公開) / ホセイン・G・アスカリ<12/9/2011>

・ 核武装後のイランにどう対処するか―Subscribers' Only―/ジェームズ・M・リンゼー、レイ・タキー
<12/9/2011>


・核武装後のイランにどう対処するか(部分公開) / ジェームズ・M・リンゼー、レイ・タキー<12/9/2011>

・独仏合意が露わにした危うさ ―― 財政改革路線はいずれ大きな嵐に遭遇する / セバスチャン・マラビー<12/6/2011>

・ヨーロッパの新しいドイツ問題 ―― 指導国なきヨーロッパ経済の苦悩(部分公開) / マティアス・マタイス、マーク・ブリス<12/6/2011>

・マリオ・モンティはイタリアを救えるか(部分公開) / パオロ・マナッセ <12/6/2011>

・ユーラシアに迫りくるHIVの脅威 ――人的犠牲が伴う政治・経済・軍事的帰結(部分公開) / ニコラス・エバースタッド <12/2/2011>

・ユーラシアに迫りくるHIVの脅威 ――人的犠牲が伴う政治・経済・軍事的帰結-Subscribers' Only- / ニコラス・エバースタッド <12/2/2011>

・北朝鮮の不安定化と米中関係 ――「北朝鮮後の朝鮮半島」に向けた米中事前協議を-Subscribers' Only- / スコット・A・スナイダー <12/1/2011>

・北朝鮮の不安定化と米中関係 ――「北朝鮮後」に向けた米中事前協議を(部分公開)/スコット・A・スナイダー<12/1/2011>

・シリアへの軍事介入を求め始めた反アサド勢力 ――「保護する責任」とアラカルトの軍事介入 /マイコー・ゼンコー<11/30/2011>

・外国からの米前方展開軍の撤退を ―― 軍事的後退戦略で米経済の再生を(部分公開)/ジョセフ・M・パレント、ポール・K・マクドナルド<11/25/2011>

・中国の台頭にどう対処する  ――世界が直面する地政学的リスクとは(部分公開)/ファリード・ザカリア、リチャード・ハース<11/25/2011>

・国のパワーの源泉は、力強い生産基盤、 健全な金融、そしてガバナンスにある(部分公開)/ポール・ケネディ<11/25/2011>

・高まるエジプト軍への反発と議会選挙の行方 ―― イスラム主義政党の台頭か/シルビー・テルハミ<11/24/2011>

・エジプトの政治と外交を変えるムスリム同胞団の正体 ―― その圧倒的存在感の秘密 (部分公開)/エリック・トラガー<11/22/2011>

・「新しいヨーロッパ」のポテンシャル ―― リスボン条約で欧州の何が変わるのか -Subscribers' Only-/アンソニー・ルザット・ガードナー、スチュアート・アイゼンシュタット<11/18/2011>

・オバマのアジア重視路線と中国の困惑 ―― 中国のルールか環太平洋のルールか/エリザベス・エコノミー<11/18/2011>

・貿易財部門の空洞化は避けられない ―― 雇用なき成長への対策はあるか -Subscribers' Only-/マイケル・スペンス<11/15/2011>

・容易ではない環太平洋パートナーシップへの道のり/スチュワート・パトリック、エバン・A・フェイゲンバーム<11/15/2011>

・日米貿易交渉を振り返る ――貿易摩擦のイメージと現実/ジャグディッシュ・バグワティ<11/15/2011>

・ベルルスコーニ劇場の終わりとイタリアの未来 (部分公開)/ジャンニ・リオッタ<11/14/2011>

・ベルルスコーニ劇場の終わりとイタリアの未来 -Subscribers' Only-/ジャンニ・リオッタ<11/14/2011>

・もしイスラエルがイランを攻撃すれば (部分公開)/スティーヴ・サイモン<11/11/2011>

・イランは数カ月で核兵器を獲得する ――イランに対する軍事攻撃か、それとも、 核武装と核戦争のリスクを受け入れるか (部分公開)/エリック・S・エデルマン、アンドリュー・F・クレピネビッチ、エヴァン・ブラデン・モントゴメリー<11/11/2011>

・イランは数カ月で核兵器を獲得する ――イランに対する軍事攻撃か、それとも、 核武装と核戦争のリスクを受け入れるか -Subscribers' Only-/エリック・S・エデルマン、アンドリュー・F・クレピネビッチ、エヴァン・ブラデン・モントゴメリー<11/11/2011>

・環太平洋パートナーシップと中国の台頭 ――日本のTPP参加の地政学的意味合い(部分公開)/バーナード・ゴードン<11/9/2011>

・環太平洋パートナーシップと中国の台頭 ――日本のTPP参加の地政学的意味合い -Subscribers' Only-/バーナード・ゴードン<11/9/2011>

・「中国の台頭」の戦略的意味合い ―アジアは中国の一極支配になるのか (部分公開)/アーロン・L・フリードバーグ<11/9/2011>

・貿易と投資で国内雇用を支えよ(部分公開)/エドワード・アルデン、アンドリュー・カード、トーマス・ダシュル、マシュー・スローター<11/8/2011>

・貿易と経済、貿易と雇用 -Subscribers' Only-/エドワード・アルデン、C・フレッド・バーグステン、クライド・プレストウィッツ<11/8/2011>

・貿易と経済、貿易と雇用(部分公開)/エドワード・アルデン、C・フレッド・バーグステン、クライド・プレストウィッツ<11/8/2011>

・輸出を増やすのは為替か貿易自由化か ――環太平洋パートナーシップの実現を -Subscribers' Only-/ゲリー・ハフバウアー<11/8/2011>

・輸出を増やすのは為替か貿易自由化か ――環太平洋パートナーシップの実現を(部分公開)/ゲリー・ハフバウアー<11/8/2011>

・「地域的自由貿易構想という危険な妄想 ――アジアとアメリカを隔てる分断線の形成を回避せよ -Subscribers' Only-/バーナード・ゴードン<11/8/2011>

・地域的自由貿易構想という危険な妄想 ――アジアとアメリカを隔てる分断線の形成を回避せよ (部分公開)/バーナード・ゴードン<11/8/2011>

・「日米自由貿易圏」を構築せよ -Subscribers' Only-/ブルース・ストークス<11/7/2011>

・「日米自由貿易圏」を構築せよ (部分公開)/ブルース・ストークス<11/7/2011>

・地球温暖化リスクと原発リスク ―― フクシマの教訓と新小型原子炉のポテンシャル (部分公開)/アーネスト・モニズ<11/5/2011>

・逆風にさらされ始めた厳格な地球温暖化対策目標 ――完全な失敗を避けるために目標を引き下げるべきか /マイケル・レビ<11/5/2011>

・グリーンテクノロジーの将来 ―― CCS技術への投資を (部分公開)/ジュリオ・フリードマン<11/5/2011>

・エネルギーの未来 ―― 「ベースロードエネルギー」と再生可能エネルギーを 組み合わせるしかない -Subscribers' Only-/アンヌ・ロベルジョン<11/5/2011>

・ユーロとEUを救うには ――  「ハードな」ケインズ主義を導入せよ -Subscribers' Only-/ヘンリー・ファレル<11/4/2011>

・G20―ユーロ危機と中国の思惑/エリザベス・エコノミー<11/4/2011>

・ユーロゾーンの再構築を ―― インソルベンシーと資金不足を区別した危機対策を (部分公開)/ヒューゴ・ディクソン<11/4/2011>

・エジプトにおける選挙への遠い道のり /ロバート・ダニン<11/1/2011>

・70億の世界人口を地球は支えきれるのか ―― 環境問題、食糧問題、家族計画と女性への投資 (部分公開)/ジョン・ボンガーツ<11/1/2011>

・70億の世界人口を地球は支えきれるのか ―― 環境問題、食糧問題、家族計画と女性への投資 -Subscribers' Only-/ジョン・ボンガーツ<11/1/2011>

・依然として安定化にはほど遠いユーロゾーン危機 ――債務減免措置、自己資本比率強化、EFSFの拡充で危機は本当に収束するか-Subscribers' Only-/セバスチャン・マラビー、ベン・ステイル<10/31/2011>

・依然として安定化にはほど遠いユーロゾーン危機 ――債務減免措置、自己資本比率強化、EFSFの拡充で危機は本当に収束するか(部分公開)/セバスチャン・マラビー、ベン・ステイル<10/31/2011>

・ウォール街デモが示す 新しい民主主義の可能性 ――市民の苦境を無視する政治への反乱(部分公開)/マイケル・ハート、アントニオ・ネグリ<10/28/2011>

・ウォール街デモの本当の争点とは ――クローニー・キャピタリズムから真の民主主義-Subscribers' Only-/ラス・ロバーツ<10/28/2011>

・ウォール街デモの本当の争点とは ――クローニー・キャピタリズムから真の民主主義(部分公開)/ラス・ロバーツ<10/28/2011>

・ブロークン・コントラクト ―― 不平等と格差、そしてアメリカンドリームの終焉(部分公開)/ジョージ・パッカー<10/28/2011>

・解体か統合の維持か、瀬戸際のEU ――ユーロ危機で揺るがされるヨーロッパ・プロジェクト -Subscribers' Only-/チャールズ・クプチャン<10/26/2011>

・解体か統合の維持か、瀬戸際のEU ――ユーロ危機で揺るがされるヨーロッパ・プロジェクト (部分公開)/チャールズ・クプチャン<10/26/2011>

・高度化する脅威と進化するサイバー戦略――なぜ官民協調型サイバー防衛が必要か-Subscribers' Only-/ウィリアム・J・リン<10/25/2011>

・高度化する脅威と進化するサイバー戦略――なぜ官民協調型サイバー防衛が必要か(部分公開)/ウィリアム・J・リン<10/25/2011>

・カダフィ後のリビアに待ち受ける大きな課題/リチャード・ハース、ロバート・ダニン、エド・ハリス<10/21/2011>

・アラブの春の進展を阻む石油の呪縛(部分公開)/マイケル・ロス<10/21/2011>

・カダフィ後のリビア ―― 選挙を急げば再び内戦になる(部分公開)/ダウン・ブランカティ、 ジャック・スナイダー <10/18/2011>

・リビアの安定を左右する原油生産の再開(部分公開)/エドワード・モース、エリック・G・リー <10/18/2011>

・反格差デモは先進国社会のティッピング・ポイントか <10/18/2011>

・米韓関係の強化と北朝鮮問題/ スコット・A・スナイダー <10/14/2011>

・世界は再び食糧不足の時代へ ――結局、マルサスは正しかったのか-Subscribers' Only- / チャーリスル・フォード・ランゲ、チャーリスル・ピエール・ランゲ <10/13/2011>

・世界はアフリカ東部の人道的悲劇を救えるか (部分公開)/デビッド・バックマン、ステファニー・バーゴス、リサ・メドークロフト<10/13/2011>

・なぜハイチは瓦礫に埋もれたままなのか――巨大地震からの復興を阻む統治の空白 (部分公開)/ポール・コリアー<10/12/2011>

・石油の富と呪縛  ――なぜ資源保有国は貧困から抜け出せないのか -Subscribers' Only- /マイケル・ロス<10/7/2011>

・地球温暖化対策の切り札としての地球工学オプション -Subscribers' Only- /デビッド・ビクター他<10/7/2011>


・ユーロゾーン危機を封じ込めるには ――ギリシャを助けるか国内の銀行を助けるか、それが問題だ (部分公開)/ヤコブ・カーケガード<10/7/2011>

・ユーロゾーン危機を封じ込めるには ――ギリシャを助けるか国内の銀行を助けるか、それが問題だ -Subscribers' Only- /ヤコブ・カーケガード<10/7/2011>

・富める者はますます豊かに ―― アメリカにおける政治・経済の忌まわしい現実-Subscribers' Only- /ロバート・C・リーバーマン<10/7/2011>

・米のバランスシートリセッション、欧州の債務危機、そして新興国経済(部分公開) /ルイス・アレキサンダー、ブルース・C・カスマン、スティーブン・S・ローチ<10/6/2011>

・経済覇権はアメリカから中国へ ――21世紀に再現されるスエズ危機 (部分公開) /アルビンド・ラブラマニアン<10/4/2011>

・誇張された大国、中国の実像 ―― 持続的成長はあり得ない (部分公開) /サルバトーレ・バボネス<10/4/2011>

・アメリカパワーの将来 ―― 今後を左右するのは中国ではなく、スマートパワーだ -Subscribers' Only- /ジョセフ・ナイ<10/4/2011>

・中国を過大視するのはやめよ -Subscribers' Only- /ジェラルド・シーガル<10/4/2011>

・都市設計を考える ―― 都市と郊外の対立と融和 -Subscribers' Only- /サンディー・ホーニック<9/30/2011>

・都市設計を考える ―― 都市と郊外の対立と融和 (部分公開) /サンディー・ホーニック<9/30/2011>

・米財政を左右する医療保険制度改革-Subscribers' Only- /ピーター・R・オルザック<9/30/2011>

・米財政を左右する医療保険制度改革(部分公開)/ピーター・R・オルザック<9/29/2011>

・なぜアッバスの国連加盟申請は大失策だったか―― 交渉再開の前提から外されたイスラエルの入植地問題 /エリオット・アブラムス<9/29/2011>

・メドベージェフのロシアからプーチンのロシアへ-Subscribers' Only-/スティーブン・セスタノビッチ<9/29/2011>

・メドベージェフのロシアからプーチンのロシアへ (部分公開)/スティーブン・セスタノビッチ<9/29/2011>

・ロシアの政治・経済を支配するシロヴィキの実態 ―― 連邦保安庁というロシアの新エリート層-Subscribers' Only-/アンドレイ・ソルダトフ、アイリーナ・ボローガン<9/29/2011>

・ロシアの政治・経済を支配するシロヴィキの実態 ―― 連邦保安庁というロシアの新エリート層 (部分公開)/アンドレイ・ソルダトフ、アイリーナ・ボローガン<9/29/2011>

・ロシア権威主義経済モデルの虚構 ― 独裁体制と経済成長に因果関係はあるのか (部分公開)/マイケル・マクフォール、キャサリン・ストーナー=ウェイス<9/29/2011>

・ロシアを再設計する (部分公開)/ドミトリ・トレーニン<9/29/2011>

・中国がPIIGSにさしのべる「救いの手」はなぜドイツを苦しめることになるか <9/27/2011>

・なぜ、パレスチナは国連に活路を求めたのか -Subscribers' Only-/エドワード・P・ジェレジアン<9/27/2011>

・なぜ、パレスチナは国連に活路を求めたのか (部分公開)/エドワード・P・ジェレジアン<9/27/2011>

・暫定合意でパレスチナ国家の樹立を ―― 最終地位合意よりも休戦ラインの暫定合意を優先せよ -Subscribers' Only-/エフード・ヤーリ<9/27/2011>

・暫定合意でパレスチナ国家の樹立を ―― 最終地位合意よりも休戦ラインの暫定合意を優先せよ (部分公開)/エフード・ヤーリ<9/27/2011>

・イスラエルではなく、パレスチナの視点で 中東和平を試みよ -Subscribers' Only-/ウォルター・ラッセル・ミード<9/27/2011>

・イスラエルではなく、パレスチナの視点で 中東和平を試みよ (部分公開)/ウォルター・ラッセル・ミード<9/27/2011>

・なぜ米・イスラエル関係はここまで冷え込んだか―エフード・ヤーリに聞く(部分公開)/エフード・ヤーリ<9/27 /2011>

・ハマスを無視して、中東和平は成立しない ―― ハマスとの交渉を中東和平の全体図に位置付けよ (部分公開)/ダニエル・バイマン<9/27/2011>

・企業の知的財産を盗み出すサイバーセフトの衝撃 -Subscribers' Only-/ドミトリ・アルペロビッチ<9/16/2011>

・企業の知的財産を盗み出すサイバーセフトの衝撃 (部分公開)/ドミトリ・アルペロビッチ<9/16/2011>

・ソマリアにいかに食糧を提供するか ― アル・シャバブを切り崩して、民衆を救うには -Subscribers' Only-/ケン・メンカウス<9/16/2011>

・ソマリアにいかに食糧を提供するか ― アル・シャバブを切り崩して、民衆を救うには (部分公開)/ケン・メンカウス<9/16/2011>

・殺しのライセンス―何がビンラディンを聖戦に駆り立てるのか(部分公開)/バーナードルイス<9/13/2011>

・殺しのライセンス―何がビンラディンを聖戦に駆り立てるのか-Subscribers' Only-/バーナードルイス<9/13/2011>

・9・11後の10年とこれからの10年――課題は外的脅威から国内問題へ /リチャード・ハース<9/13/2011>

・アメリカの相対的衰退と無極秩序の到来――アメリカ後の時代を考える-Subscribers' Only-/リチャード・ハース<9/12/2011>

・米ポピュリズムの歴史と今日的意味合い―― ティーパーティー運動が揺るがすアメリカの政治と外交-Subscribers' Only-/ウォルター・ラッセル・ミード<9/12/2011>

・ヨーロッパで誕生する新ジハードの戦士-Subscribers' Only-/ロバート・S・レイケン<9/12/2011>

・中東革命後のアルカイダとテロリズム(部分公開)/ダニエル・バイマン<9/12/2011>

・ 中東世界でのアメリカの孤独/フォアド・アジャミー <9/9/2011>

・ カダフィ後に何が起き、誰が台頭してくるのか/フレデリック・ウェレイ <9/9/2011>

・ メルトダウンの文化的背景―― 閉鎖的原子力文化とチェルノブイリ事故(1993年発表論文)(部分公開)/セルゲイ・P・カピッツァ<9/7/2011>

・ イギリスの暴動と緊縮財政路線―― 緊縮財政と階級政治の政治学-Subscribers' Only-/マティアス・マタイス<9/7/2011>

・ イギリスの暴動と緊縮財政路線―― 緊縮財政と階級政治の政治学(部分公開)/マティアス・マタイス<9/7/2011>

・ ユーロの崩壊は近い―― ユーロを救えるのは政治統合だけだ(部分公開)-/ジャック・アタリ<9/6/2011>

・ 世界経済とIMFの課題と機会 ―― ソブリン危機、低成長、社会不安の増大(部分公開)/クリスティーヌ・ラガルド<9/6/2011>

・ 北朝鮮を変化させるには ――内からの変化を促す交流を-Subscribers' Only-/アンドレイ・ランコフ<9/2/2011>

・ 漂流する日本の政治と日米同盟 (部分公開)/エリック・ヘジンボサム、エレイ・ラトナー、リチャード・サミュエルズ<9/2/2011>

・ 新しい朝鮮半島を思い描く―― 毅然たる態度で南北間の信頼を形作る(部分公開)/朴槿恵(パク・クネ)<9/2/2011>

・ 文化は宿命である -Subscribers' Only-/リー・クアンユー<9/2/2011>

・ 文化は宿命である (部分公開)/リー・クアンユー<9/2/2011>

・ 文化は果たして宿命か (部分公開)/金大中<9/2/2011>

・ バーチャル国家の台頭 (部分公開)/リチャード・ローズクランス<9/2/2011>

・ 市場ボラティリティの政治ファクター-Subscribers' Only-/マイケル・スペンス<9/1/2011>

・ 市場ボラティリティの政治ファクター(部分公開)/マイケル・スペンス<9/1/2011>

・ 日本問題―― 異質な制度と特異性に目を向けよ-Subscribers' Only-/カレル・ファン・ウォルファレン<9/1/2011>

・ ウィキリークスの今後の焦点は ―― 世界中の反体制派が危険にさらされる恐れがある/ジョン・B・ベリンジャー<9/1/2011>

・ 高齢社会が変える日本経済と外交(部分公開)/ミルトン・エズラッティ<8/31/2011>

・ 欧州によるスマート・ディフェンスを提唱する― 緊縮財政時代の大西洋同盟(部分公開)/アナス・フォー・ラスムセン<8/31/2011>

・ 欧州によるスマート・ディフェンスを提唱する― 緊縮財政時代の大西洋同盟-Subscribers' Only-/アナス・フォー・ラスムセン<8/31/2011>

・ 「いずれギリシャはディフォルトを宣言する ―― 欧米の自爆装置と化したグローバル金融システム-Subscribers' Only-/マーク・ブリス<8/26/2011>

・ 「いずれギリシャはディフォルトを宣言する ―― 欧米の自爆装置と化したグローバル金融システム(部分公開)/マーク・ブリス<8/26/2011>

・ 日本システムから退出する企業と個人(部分公開)レオナード・N・ショッパ <8/26/2011>

・ 「小沢一郎 追い詰められた改革者」 エドワード・W・デズモンド <8/24/2011>

カダフィ後の国家分裂は避けられない? ――地域的分裂か、部族単位への分裂か/ダニエル・サーワー、ロバート・ダニン<8/24/2011>


原発事故が子供たちと経済に与えた影響 ―― チェルノブイリの教訓(部分公開)/ベネット・ランバーグ<8/22/2011>

・中国経済はどこへ向かう/エバン・フェイゲンバーム<8/19/2011>

・日米安全保障条約50周年の足跡と展望――いまも安保はグランドバーゲンか?-Subscribers' Only-/ジョージ・パッカード<8/19/2011>

・変化する北東アジアにアメリカはどう関与すべきか ―日中韓の台頭で流動化する北東アジア秩序-Subscribers' Only-/ジェーソン・T・シャプレン、ジェームズ・T・レーニー <8/18/2011>

・変化する北東アジアにアメリカはどう関与すべきか ―日中韓の台頭で流動化する北東アジア秩序(部分公開)/ジェーソン・T・シャプレン、ジェームズ・T・レーニー <8/18/2011>

・日米安全保障条約50周年の足跡と展望――いまも安保はグランドバーゲンか?(部分公開)/ジョージ・パッカード<8/18/2011>

・ソマリアの飢饉拡大とイスラム武装勢力/ラシッド・アブディ<8/17/2011>

紛争介入戦略の終わり――予算削減に即した対外コミットメントの見直しを (部分公開)/リチャード・ベッツ<8/12/2011>

アジアの米軍基地再編と沖縄 ―― 普天間移設問題に関する米議会の立場(部分公開)/ジム・ウェッブ<8/12/2011>

中国の意図は何か(部分公開)/アンドリュー・ネーサン<8/12/2011>

・ドローン兵器と実体なき戦争(部分公開)/ピーター・ベルゲン、 キャサリン・タイデマン<8/12/2011>

中国の台頭と米中衝突のリスク ――バランスを維持するには日韓との同盟関係を維持し、台湾は手放すべきだ -Subscribers' Only- /チャールズ・グレーザー<8/10/2011>

エネルギー政策を考える-Subscribers' Only- /シャーリー・アン・ジャクソン他<8/11/2011>

朝鮮半島は一触即発の状況にある―― 北朝鮮は核実験を準備し、韓国は核開発を議論している/スーミ・テリー<8/10/2011>

・食料価格高騰で不安定化する世界
-Subscribers' Only-/ローリー・ギャレット<8/10/2011>

食糧危機、ドル安、金融危機に翻弄される人道援助 ――なぜ支援がそれを必要としている人々に届かない-Subscribers' Only-/ローリー・ギャレット<8/10/2011>

食糧危機、ドル安、金融危機に翻弄される人道援助 ――なぜ支援がそれを必要としている人々に届かない(部分公開)/ローリー・ギャレット<8/10/2011>

・「リスクフリー」の輝きを失った米国債 -Subscribers' Only-/フランシス・E・ウォーノック<8/8/2011>

・「リスクフリー」の輝きを失った米国債 (部分公開)/フランシス・E・ウォーノック<8/8/2011>

・脅かされる基軸準備通貨、ドルのジレンマ ―― ユーロ、SDR、人民元の台頭-Subscribers' only-/バリー・エイケングリーン<8/8/2011>

・ソマリアの悲劇と「人道的介入」(部分公開)/ウォルター・クラーク、ジェフリー・ハーブスト<8/5/2011>

・ソマリアの悲劇と「人道的介入」-Subscribers' Only-/ウォルター・クラーク、ジェフリー・ハーブスト<8/5/2011>

・金融超大国・中国の政治的ジレンマ―― 重商主義路線か資本の自由化か(部分公開)/ケン・ミラー<8/5/2011>

・金融超大国・中国の政治的ジレンマ―― 重商主義路線か資本の自由化か-Subscribers' Only-/ケン・ミラー<8/4/2011>

・苦しみのなかにある人を助けるのはチャリティか、責務か―― 人道主義における義務と思いやりについて(部分公開)/マイケル・ウォルザー<8/5/2011>

・人道的悲劇から民衆を保護せよ―介入する権利から保護する責任へ-Subscribers' Only-/ギャレス・エバンズ、モハメド・サハヌーン<8/5/2011>

・グローバル・コーポレート・シチズンシップを考える ――企業は政府、市民社会といかに協調すべきか(部分公開)/クラウス・シュワブ<8/5/2011>

・グローバル・コーポレート・シチズンシップを考える ――企業は政府、市民社会といかに協調すべきか-Subscribers' Only-/クラウス・シュワブ<8/5/2011>

・米格付け引き下げは何を引き起こすか――さらなる新興国の台頭か、米経済の再生か(部分公開)/ケント・ヒューズ<8/4/2011>

・米格付け引き下げは何を引き起こすか――さらなる新興国の台頭か、米経済の再生か-Subscribers' Only-/ケント・ヒューズ<8/4/2011>

・通貨戦争、資本管理、 そして国際通貨システムの未来-Subscribers' Only-/ベン・ステイル他<8/3/2011>

・流れはグローバル・リバランシングへ―― 新興国経済の成熟で資金の流れは再び変化する(部分公開)
/ アラン・M・テイラー<8/2/2011>


・債務上限は引き上げられた―― だが、アメリカの経済も名声も下降線をたどる/ セバスチャン・マラビー<8/2/2011>


・債務上限危機が解決しない場合、世界経済への余波はどうなる/ ウリ・ダドゥシュ
<7/29/2011>

・債務上限法と信用格付けの悪夢と現実<7/28/2011>


真実を求める中国の民衆と秘密主義の政府――中国の高速鉄道事故の政治的脱線/エリザベス・エコノミー<7/27/2011>


21世紀のエネルギー地政学――原子力、天然ガス、石油の未来(部分公開)/マイケル・レビ、ウィリアム・マーチン、デビッド・サンダロー<7/26/2011>


ワールド・エネルギー・アウトルック ――石油の安定供給と地球温暖化対策/ファティ・ビロル<7/26/2011>


・資源の効率利用が育む「新資源」/エモリー・B・ロビンス、L・ハンター・ロビンス<7/26/2011>


サイバー防衛の柔軟性とアクティブ・ディフェンス――ペンタゴンの新サイバー戦略とは(部分公開)/アダム・シーガル<7/26/2011>


サイバー防衛の柔軟性とアクティブ・ディフェンス――ペンタゴンの新サイバー戦略とは-Subscribers' Only-/アダム・シーガル<7/26/2011>


ヨーロッパのソブリン危機とイタリア―― 最終的にはユーロ共同債の発行しかない(部分公開)/フランコ・パボンチェッロ<7/25/2011>


ヨーロッパのソブリン危機とイタリア―― 最終的にはユーロ共同債の発行しかない-Subscribers' Only-/フランコ・パボンチェッロ<7/25/2011>

債務上限問題はクリアーされても、財政赤字対策は放置される恐れがある/フレッド・バーグステン<7/22/2011>

緊縮財政か、金融市場によるペナルティか――2013年からの赤字削減に備えよ/ロジャー・C・アルトマン、マイケル・マンデルバーム、ジョージ・ステファノポロス<7/22/2011>


HIV・AIDS対策とグローバルヘルスの課題(部分公開)/ローリー・ギャレット<7/22/2011>

朝鮮半島は一触即発の状況にある―― 北朝鮮は核実験を準備し、韓国は核開発を議論している(部分公開)/スーミ・テリー<7/19/2011>

・大中国圏の形成と中国の海軍力増強― 中国は東半球での覇権を確立しつつある (部分公開)/ロバート・カプラン<7/19/2011>

複雑系の崩壊は突然、急速に起きる ――グローバル経済とアメリカという複雑系の将来―Subscribers' Only―/ニオール・ファーガソン<7/11/2011>

世界の自動車産業の再編はいかに行われたか―― GMと日産のケース―Subscribers' Only―/カルロス・ゴーン、スティーブン・ラトナー<7/11/2011>

オフショアリングが誘発する次なる産業革命―Subscribers' Only―/アラン・S・ブラインダー<7/11/2011>

エネルギー資源をめぐる米中衝突を避けるには―Subscribers' Only―/ジョセフ・リーバーマン<7/11/2011>

HIV・エイズ対策優先か、他の援助とのバランスをとるか、それが問題だ―Subscribers' Only―/プリンストン・N・ライマン、スティーブン・B・ウィテルズ<7/11/2011>

財政赤字へのリスク認識が変化しない限り、資金は動かない ――アラン・グリーンスパンとの対話―Subscribers' Only―/アラン・グリーンスパン<7/11/2011>

グールズビー米大統領経済諮問委員長が語る米経済の現状および赤字と債務/オースタン・グールズビー<7/8/2011>

アメリカの債務上限問題とハードランディングシナリオ/アラン・S・ブラインダー<7/8/2011>

・江沢民とは何者だっ たのか /ブルース・ジリー<7/7/2011>

・進化する中国のバーチャル政治―― 政治改革を求める中国のネチズン/エリザベス・エコノミー、ジャレッド・モンドシェイン<7/5/2011>

・中国経済の今後が明るくない三つの理由/スティーブン・ドュナウェイ<7/5/2011>

・ドイツ経済モデルの成功―― 他の先進国が見習うべき強さの秘密とは/スティーブン・ラトナー<7/5/2011>

・南シナ海の混乱は何を意味するか/ジョシュア・クランジック<6/30/2011>

・クリーンエネルギーの不都合な真実―― 補助金を脱した真のクリーンエネルギー革命に向けて(部分公開)/デビッド・ビクター、カッシア・ヤノセック<6/30/2011>


・ブラックスワンの政治・経済学―― ボラティリティを抑え込めば、世界はより先の読めない危険な状態に直面する
(部分公開)/ナシーム・ニコラス・タレブ、マーク・ブリス<6/30/2011>


・貿易財部門の空洞化は避けられない―― 雇用なき成長への対策はあるか(部分公開)マイケル・スペンス<6/30/2011>


・原油価格大変動の時代へ――生産調整能力を失ったサウジアラビア(部分公開)/ロバート・マクナリー、マイケル・レビ<6/24/2011>


・世界の原油市場を左右する中国とイランの石油コネクション (部分公開)/エリカ・ダウンズ、スザンヌ・マロニー<6/24/2011>


・石油戦略備蓄の効果を最大化するには ――備蓄量ではなく、備蓄の管理体制に目を向けよ/デビッド・G・ビクター、サラ・エスクレイス・ウィンクラー<6/24/2011>


・「イージーオイル」時代の終わり (部分公開)/イェルーン・ファン・デルフェール<6/24/2011>


・進化するサイバー戦争<6/24/2011>


・サイバー攻撃に対する防衛策を――サイバーインフラの多様性を高めてリスク管理を(部分公開)/ウェズリー・K・クラーク、ピーター・L・レビン<6/17/2011>


・パキスタンの政治から軍部を締め出すには(部分公開)/アキル・シャー<6/17/2011>

・クリーンエネルギーの不都合な真実―― 補助金を脱した真のクリーンエネルギー革命に向けて―Subscribers' Only―/デビッド・ビクター、カッシア・ヤノセック<6/17/2011>

・P・ムシャラフが語る政界復帰とタリバーン対策―Subscribers' Only―<6/17/2011>


・オサマ・ビンラディンとパキスタン軍の関係/アキル・シャー<6/16/2011>

・ビンラディン後のアルカイダとジハード主義/ブリンジャー・リア<6/16/2011>

・中国の台頭と米中衝突のリスク――バランスを維持するには日韓との同盟関係を維持し、台湾は手放すべきだ/チャールズ・グレーザー<6/14/2011>

・「アメリカ後」の世界秩序――中国による新秩序模索も文明の衝突も起きない(部分公開)/G・ジョン・アイケンベリー<6/14/2011>


・中国の真意はどこに――人民元、南シナ海、領有権論争
(部分公開)/エバン・フェイゲンバーム、
ジョシュア・クランジック、アダム・シーガル<6/14/2011>

・21世紀のエネルギー安全保障秩序を考える――「エネルギー市場にもグローバルなルールを(部分公開)/デビッド・ビクター、リンダ・ヨー<6/9/2011>

・原油価格とインフレと金融政策 ――商品市場の構造的変化に目を向けよ/ マイケル・レビ<6/6 /2011>

・ユーロとEUを救うには――「ハードな」ケインズ主義を導入せよ(部分公開)/ヘンリー・ファレル、ジョン・クイッギン<6/3/2011>

・財政赤字と債務の肥大化という悪夢 ―― その先に待ち受けているものを回避するには(部分公開)/セバスチャン・マラビー<6/3/2011>

・財政赤字へのリスク認識が変化しない限り、資金は動かない――アラン・グリーンスパンとの対話(部分公開)/アラン・グリーンスパン<6/2/2011>

・大戦略を模索する中国―Subscribers' Only―/王緝思<6/1/2011>

・世界は再び食糧不足の時代へ ――結局、マルサスは正しかったのか/チャーリスル・フォード・ランゲ、チャーリスル・ピエール・ランゲ(部分公開)<5/31/2011>

・穀物価格の上昇は今後も続く――何が価格を上昇させているのか(全文公開)
<5/30/2011>

・原発推進に慎重になるべきもう一つの理由――不安定な中東における原発推進の危うさ/ジョナサン・パール (部分公開)<5/27/2011>


・原発推進に慎重になるべきもう一つの理由――不安定な中東における原発推進の危うさ―Subscribers' Only―/ジョナサン・パール (全文公開)<5/27/2011>

・朝鮮半島は一触即発の状況にある――北朝鮮は核実験を準備し、 韓国は核開発を議論している ―Subscribers' Only―/スーミ・テリー(全文公開)<5/25/2011>

・債務上限に達したアメリカの財政と政治 ―― 米経済のディフォルトリスクとドルの命運 ―Subscribers' Only―(部分公開)<5/25/2011>

・債務上限に達したアメリカの財政と政治 ―― 米経済のディフォルトリスクとドルの命運 (部分公開)<5/25/2011>

・スーダン南部独立への遠い道のり ―― アビエイ問題が再度の内戦の引き金を引いてしまうのか (全文公開)/レベッカ・ハミルトン<5/25/2011>

・ギリシャ危機とユーロの将来 ― ギリシャ危機はユーロ衰退の始まりか? (部分公開)/ロレンゾ・ビニ・スマギ <5/25/2011>

・金融新秩序構築への八項目提案―Subscribers' Only― (全文公開)/アラン・S・ブラインダー<5/25/2011>

・金融新秩序構築への八項目提案 (部分公開)/アラン・S・ブラインダー<5/25/2011>

・IMF、今やますます重要に(全文公開)/デービッド・ヘール<5/25/2011>

・アジア通貨危機とIMFの誤診(全文公開)/マーティン・フェルドシュタイン<5/25/2011>

・世界が注目するインドの軍備市場と アメリカのジレンマ (部分公開)/スニール・ダスグプタ、ステファン・P・コーヘン <5/19/2011>

・中国の台頭と米中衝突のリスク ―― バランスを維持するには日韓との同盟関係は維持し、台湾は手放すべきだ (部分公開)/チャールズ・グレーザー <5/18/2011>

・米ポピュリズムの歴史と今日的意味合い ― ティーパーティー運動が揺るがすアメリカの政治と外交 (部分公開)/ウォルター・ラッセル・ミード<5/19/2011>

・モバイル革命のこれまでとこれから(部分公開)/ランドール・L・スティーブンソン<5/19/2011>

・トタル社CEO、ドマルジェリーが語る エネルギーと環境のバランス (全文公開)/クリストフ・ドマルジェリー <5/18/2011>

・ 新エネルギー資源の誕生(全文公開)/リチャード・G・ルガー <5/13/2011>

・ 台湾がアメリカを離れて 中国の軌道に入るべきこれだけの理由 ―― 台湾のフィンランド化を受け入れよ―Subscribers' Only―/ブルース・ジリー<5/12/2011>

・ ビンラディンと中東の民主化運動 ――独裁制に対する二つのアプローチ―Subscribers' Only―/スティーブ・クック、ロバート・ダニン<5/6/2011>

・ ビンラディン後のテロ、中東、そしてパキスタン(全文公開)/リチャード・ハース<5/6/2011>

・ アラブの民衆はすでに自分たちのやり方で変化を実現しつつある。 ―― ビンラディンの訴求力はもはや中東には存在しない(全文公開)/レイ・タキー<5/6/2011>

・ 窮地に追い込まれたアメリカとパキスタンの関係 (全文公開)/ダニエル・マーキー<5/6/2011>

・ ソーシャルメディアと民主化革命を考える ―― エジプトとリビアの違いにどう対処すべきか(部分公開)/クレイ・シャーキー、アン=マリー・スローター<5/2/2011>

・ 技術革新から革命へ ―― C・シャーキー論文への批判と再反論―Subscribers' Only―/マルコム・グラッドウェル<5/2/2011>

・ソーシャルメディアの政治権力 ―― バーチャル空間における言論と集会の自由を重視せよ(部分公開)/クレイ・シャーキー<5/2/2011>

・ソーシャルメディアの政治権力 ―― バーチャル空間における言論と集会の自由を重視せよ―Subscribers' Only―/クレイ・シャーキー<5/2/2011>

・中東の構造的変化に目を向けよ ―― 自由と権利を求め始めた民衆(部分公開)/エドワード・P・ジェレジアン<4/28/2011>

・リビアは短期的に国家分断へと向かう ―― 中東の嵐とアメリカの影響力の限界(部分公開)/リチャード・ハース<5/2/2011>

・リビアは短期的に国家分断へと向かう ―― 中東の嵐とアメリカの影響力の限界―Subscribers' Only―/リチャード・ハース<5/2/2011>

・中東における2011年革命のルーツと行方 ―― スルタン体制の終焉(部分公開)/ジャック・A・ゴールドストーン<5/2/2011>

・原子力エネルギーは地球温暖化対策の切り札になるか―Subscribers' Only―/マイケル・マリオット、スティーブ・ケレケス<4/28/2011>

・金融危機後の世界のエネルギー市場を見通す(全文公開)/クリストフ・ルール <4/28/2011>

・不透明感漂う日米欧経済―― 災害後の日本経済(部分公開)/ピーター・R・フィッシャー、デスモンド・ラックマン、ピーター・R・オルザック<4/26/2011>


・日本の大災害で露呈したグローバル・サプライチェーンの大きな弱点(部分公開)/マーク・レビンソン<4/19/20 11>

・ 1930年代の悪夢が再現されるのか―― 高まる保護主義の脅威(部分公開)リアクァト・アハメッド<4/15/20 11>

・ 中国の対外強硬路線の国内的起源―― 高揚する自意識とナショナリズム (部分公開)/トーマス・クリステンセン<4/15/20 11>

・ポスト・ワシントンコンセンサス――危機後の展開(部分公開)/ナンシー・バードサール、フランシス・フクヤマ
<4/14/2011>


・大戦略を模索する中国(部分公開)/王緝思<4/14/2011>

・フクシマ後の世界の原子力産業 (部分公開)<4/14/2011>

・次なる核のメルトダウンを防ぐには――福島原発事故の教訓(部分公開)/ビクター・ジリンスキー
<4/14/2011>


・災害復興を越えた日本経済の再設計を―Subscribers' Only―/ブライアン・P・クレイン、デビッド・S・アブラハム<4/14/2011>

・災害復興を越えた日本経済の再設計を(部分公開)/ブライアン・P・クレイン、デビッド・S・アブラハム<4/14/2011>

・3・11は日本をどう変えていくか―Subscribers' Only―/マイケル・グリーン<4/12/2011>

・3・11は日本をどう変えていくか/マイケル・グリーン(部分公開)<4/12/2011>

・原子力発電の安全性に高まる不安―― フクシマ原発危機のグローバルな余波(部分公開)<4/8/2011>

・フクシマ後の電力生産をどうするのか <4/8/2011>

・中東の構造的変化に目を向けよ ――自由と権利を求め始めた民衆 (部分公開)/
エドワード・P・ジェレジアン <4/7/2011>


・アフター・フクシマ―― フクシマ原発事故の教訓―Subscribers' Only―/ジョン・エイハーン<4/7/2011>

・アフター・フクシマ―― フクシマ原発事故の教訓(部分公開)/ジョン・エイハーン<4/6/2011>

・石油の富と呪縛――なぜ資源保有国は貧困から抜け出せないのか―Subscribers' Only― /マイケル・ロス<4/6/2011>

・「天然ガス革命」の到来――天然ガス・グローバル市場の誕生は近い―Subscribers' Only―
/ジョン・ダッチ<4/6/2011>


・クリーンエネルギーの研究・開発、実証実験を多国間で進めよ―Subscribers' Only―
 /マイケル・レビ、エリザベス・C・エコノミー、シャノン・オニール、アダム・シーガル <4/6/2011>


・世界エネルギー・アウトルック――ゲームチェンジャーとしての電気自動車と二酸化炭素回収・貯蔵技術 ―Subscribers' Only― ファティ・ビロル<4/6/2011>

・「北京コンセンサス」の終わり―Subscribers' Only―/姚洋<4/6/2011>

・日本は危機を克服し、必ず再生する(部分公開)/クリスチャン・カリル<3/30/2011>

・日本は危機を克服し、必ず再生する―Subscribers' Only―/クリスチャン・カリル<3/30/2011>

・日本の原発危機の教訓 ――世界は原子力から離脱すべきか、いなか<3/30/2011>

・放射能汚染と安全基準の曖昧さ ― 都市を放棄するか、それとも、1万人に1人を超えるガン発症を受け入れるか /マイケル・レビ <3/30/2011>

・中期的には日本経済は復活する―― 復旧・再建コストで国債市場がパニックに陥ることはない ―Subscribers' Only― /セバスチャン・マラビー<3/18/2011>

・中期的には日本経済は復活する―― 復旧・再建コストで国債市場がパニックに陥ることはない /セバスチャン・マラビー<3/18/2011>

・日本の原発危機とチェルノブイリの教訓―― 放射性降下物の脅威 ―Subscribers' Only―
 /ローリー・ギャレット<3/17/2011>

・日本の原発危機とチェルノブイリの教訓―― 放射性降下物の脅威 /ローリー・ギャレット<3/17/2011>

・福島第1原発危機 ――最悪のシナリオは回避されたのか ―Subscribers' Only―
 /チャールズ・ファーガソン<3/16/2011>


・福島第1原発危機 ――最悪のシナリオは回避されたのか /チャールズ・ファーガソン
<3/16/2011>


・第3の石油ショックか――終わらない中東の政治的混乱と原油価格高騰 ―Subscribers' Only―
 /エドワード・モース<3/15/2011>


・災害と政治―Subscribers' Only―/アラステイアー・スミス、アレジャンドロ・クイロズ・フローレス
 <3/14/2011>


・災害と政治(部分公開)/アラステイアー・スミス、アレジャンドロ・クイロズ・フローレス<3/14/2011>

・地震災害後の日本の原子炉危機と経済<3/14/2011>

・第三の石油ショックか―― 中東の政治的混乱と原油価格高騰(部分公開) /エドワード・モース<3/14/2011>

・原子力エネルギーは地球温暖化対策の切り札になるか/マイケル・マリオット、スティーブ・ケレケス<3/14/2011>

・ウィレム・ブイターが語る先進国の財政問題とソブリンリスク― アメリカも日本も潜在的リスクにさらされている(部分公開) <3/14/2011>

・「文明の衝突」批判に応える ―Subscribers' Only―サミュエル・ハンチントン<3/11/2011>

・オフショアリングが誘発する次なる産業革命―Subscribers' Only―/アラン・S・ブラインダー<3/8/2011>


・ノーベル経済学賞受賞エコノミスト、マイケル・スペンスが語る原油価格ショックと
グローバル経済の回復――先進国の産業構造の変換と所得再分――Subscribers' Only―
/マイケル・スペンス  <3/8/2011>


・オフショアリングが誘発する次なる産業革命 (部分公開)/アラン・S・ブラインダー<3/7/2011>

・ノーベル経済学賞受賞エコノミスト、マイケル・スペンスが語る原油価格ショックと
グローバル経済の回復――先進国の産業構造の変換と所得再分配 (部分公開)
/マイケル・スペンス  <3/7/2011>


・アメリカの相対的衰退と無極秩序の到来――アメリカ後の時代を考える (部分公開)/リチャード・N・ハース  <3/4/2011>

・金融危機が出現させたGゼロの世界――主導国なき世界経済は相互依存からゼロサムへ (部分公開)/イアン・ブレマー、 ノリエル・ルービニ  <3/4/2011>

・国際通貨戦争、保護主義の台頭を避けるには――通貨価値ではなく、各国の国内経済戦略を見直せ (部分公開)/ラグラム・ラジャン <3/4/2011>

・紛争か協調か――『文明の衝突』、『歴史の終わり』、『大国政治の悲劇』 で21世紀を読み解く (部分公開)/リチャード・K・ベッツ<3/4/2011>

・富める者はますます豊かに――アメリカにおける政治・経済の忌まわしい現実 (部分公開)/ロバート・C・リーバーマン <3/4/2011>

・原油価格は高止まりする?―― 需給バランスだけでは説明できない原油価格の不思議/マイケル・レビ <3/3/2011>

・リビアの反体制派に武器を与えよ・・・/エリオット・アブラムス<3/3/2011>

・カダフィ政権への圧力強化を ――飛行禁止空域を導入し、軍事的選択肢を整えよ /トム・マリノースキ
<3/3/2011>


・ 人道的悲劇にどう対処する ――人間の安全保障と「保護する責任」―Subscribers' Only―/スティーブン・グローブズ、スチュワート・M・パトリック<3/1/2011>

・ 人道的悲劇から民衆を保護せよ ――介入する権利から保護する責任へ (部分公開) /ギャレス・エバンズ、モハメド・サハヌーン<3/1/2011>

・ カダフィ後に何が起き、誰が台頭してくるのか―Subscribers' Only―/フレデリック・ウェレイ
<3/1/2011>

・ カダフィ後に何が起き、誰が台頭してくるのか (部分公開) /フレデリック・ウェレイ<3/1/2011>

・ 制裁継続か、それとも和解か ――カダフィ大佐との単独インタビュー(全文公開)/ミルトン・ビオースト<2/25/2011>

・カダフィ後のリビア ―石油の富でいかに部族間のバランスをはかり、国家建設へと結びつけるか
―Subscribers' Only―/エリオット・アブラムス、バーナード・ガーツマン<2/25/2011>

・ カダフィ後のリビア ―― 石油の富でいかに部族間のバランスをはかり、国家建設へと結びつけるか
(部分公開)/エリオット・アブラムス、バーナード・ガーツマン<2/25/2011>


・リビア 「問題は非常に大きな権力の空白が生じることだ」/ロバート・ダニン<2/24/2011>

・カダフィ大佐が語る大破量破壊開発、パレスチナ和平、テロ、アルカイダ/ムアンマル・アル・カダフィ <2/24/2011>

・チュニジア革命とエジプト、リビア、サウジアラビア/エリオット・アブラムス<2/23/2011>

・人口動態でみるアラブ世界の民衆蜂起――「ユースバルジ」が中東を変える?
―Subscribers' Only―/ラグイ・アサード<2/23/2011>


・「歴史の終わり」の後の新世界地図(部分公開)/フランシス・フクヤマ<2/18/2011>

・アジアの資本主義と文明の変容/ウォルター・ラッセル・ミード<2/18/2011>


・21世紀をリードするのは西洋か東洋か(部分公開)/ティムール・クーラン<2/17/2011>


・経済改革を阻むアジアの社会環境 /ヒルトン・L・ルート <2/17/2011>

・世界は日本経済の経験から何を学ぶべきか――量的緩和とバランスシート不況(部分公開)
/ジェームズ・D・グラント、リチャード・C・クー、ロナルド・テンプル、セバスチャン・マラビー <2/15/2011>


・恐慌型経済への回帰(部分公開)/ポール・クルーグマン <2/15/2011>

・高齢社会が変える日本経済と外交(部分公開)/ミルトン・エズラッティ <2/15/2011>

・ムバラク後のエジプト
/リチャード・ハース、スティーブ・クック、ダニエル・クーツザー <2/14/2011>


・自ら防衛する国をアメリカは助けよ ――介入策から相手国の防衛支援策への転換を
―Subscribers' Only―/ロバート・ゲーツ <2/10/2011>


・21世紀の国家パワーは いかにネットワークを形成するかで決まる――新時代におけるアメリカ優位の源泉
―Subscribers' Only―/アン=マリー・スローター <2/10/2011>


・シビリアンパワーで米外交を刷新する(部分公開)/ヒラリー・ロドハム・クリントン <2/10/2011>

・「天然ガス革命」の到来――天然ガス・グローバル市場の誕生は近い(部分公開)
/ジョン・ダッチ<2/8/2011>


・天然ガスが世界経済を変える――新たなエネルギー・ビジネスの可能性 (部分公開)
/ダニエル・ヤーギン、マイケル・ストッパード<2/8/2011>


・天然ガスが世界経済を変える――新たなエネルギー・ビジネスの可能性 (全文公開)
―Subscribers' Only―/ダニエル・ヤーギン、マイケル・ストッパード<2/8/2011>


・インターネットのジレンマ――セキュリティと相互運用性をいかに両立させるか(部分公開)
/ロバート・ネイク<2/4/2011>


・ソーシャルメディアの政治権力―― バーチャル空間における言論と集会の自由を重視せよ(部分公開)
/クレイ・シャーキー<2/4/2011>


・ホスニ・ムバラクの功罪 /ジェームズ・ベーカー<2/3/2011>

・今後を左右するエジプト軍の思惑 ――認識しておくべき五つのポイント /スティーブ・クック<2/2/2011>

・チュニジア革命とエジプト、リビア、サウジアラビア (全文公開)
―Subscribers' Only― /エリオット・アブラムス
<2/1/2011>

・エジプトは新しい指導者を必要としている―― ムバラクは辞任すべきだ (全文公開)
―Subscribers' Only―/リチャード・ハース
<2/1/2011>

・近代中東における自由と正義――民主主義を支えるアラブ世界の伝統 (部分公開)
/バーナード・ルイス
<2/1/2011>

・近代中東における自由と正義――民主主義を支えるアラブ世界の伝統 (全文公開)
―Subscribers' Only―/バーナード・ルイス
<2/1/2011>

・イスラム主義と民主主義は両立する ―中東社会の自由化こそ最善の対テロ政策 (部分公開)
/グラハム・E・フラー
<2/1/2011>

・イスラム主義と民主主義は両立する――中東社会の自由化こそ最善の対テロ政策(全文公開)
―Subscribers' Only― /グラハム・E・フラー
<2/1/2011>

・エジプトの夢と悲しみ (部分公開)
/ファード・アジャミー
<2/1/2011>

・エジプトの夢と悲しみ(全文公開)―Subscribers' Only―
/ファード・アジャミー
<2/1/2011>

・アラブ世界で何が起きているのか(部分公開)
/ロバート・ダニン
<1/31/2011>

・アラブ世界で何が起きているのか(全文公開)―Subscribers' Only―
/ロバート・ダニン
<1/31/2011>

・アメリカ軍国主義批判(部分公開)―― 非介入主義外交への転換を
/ウィリアム・パフ
<1/28/2011>

・信用格付け会社の功罪
/ロヤ・ウォルバーソン
<1/28/2011>

・レバノン情勢を左右するキープレイヤーたちの思惑はどこに
/モハマド・バッジ
<1/14/2011>

・多文化国家レバノンにおける 軍隊の複雑な歴史
――レバノン軍の南部掌握で国の一体性が生まれるか?
/マイケル・モラン
<1/14/2011>

・第3次イスラエル・レバノン戦争か?――ヒズボラの軍備増強に危機感を強めるイスラエル (部分公開)
/ ダニエル・C・クーツザー
<1/14/2011>

・世界エネルギー・アウトルック
――ゲームチェンジャーとしての電気自動車と二酸化炭素回収・貯蔵技術(部分公開) /ファティ・ビロル 

<1/13/2011>

・パキスタン国家解体の危機(部分公開)
/スティーブ・コーエン 
<1/7/2011>

・クリーンエネルギーの研究・開発、実証実験を多国間で進めよ (部分公開)
 /マイケル・レビ、エリザベス・C・エコノミー、シャノン・オニール、アダム・シーガル
<1/7/2011>

・パキスタン国家解体の危機(全文公開)―Subscribers' Only―
 /スティーブ・コーエン
<1/7/2011>

・パキスタン国家解体の危機(部分公開)
/スティーブ・コーエン 
<1/7/2011>

・地政学の中枢は軍事から経済へ ――経済の時代の新安全保障戦略を(部分公開)
/レスリー・ゲルブ
<1/4/2011>

・ウィキリークスの今後の焦点は (全文公開)―Subscribers' Only―
 ―― 世界中の反体制派が危険にさらされる恐れがある /ジョン・B・ベリンジャー
<12/24/2010>

・ウィキリークスとインターネットの自由(全文公開)―Subscribers' Only―/アダム・シーガル <12/24/2010>

・ウィキリークスの今後の焦点は (部分公開)
 ―― 世界中の反体制派が危険にさらされる恐れがある /ジョン・B・ベリンジャー
<12/24/2010>

・ウィキリークスとインターネットの自由(部分公開)/アダム・シーガル <12/24/2010>

・食糧・穀物供給危機の再来か―― 異常気象と穀物市場の行方(全文公開)
/ローリー・ギャレット
<12/17/2010>

・ロシアの「内なる外国」北カフカスの混迷
 ―― 終わりなきロシアの内戦 (部分公開)/チャールズ・クプチャン、ラジャン・メノン
<12/17/2010>

・アメリカパワーの将来
 ―― 今後を左右するのは中国ではなく、スマートパワーだ (部分公開)/ジョセフ・ナイ
<12/8/2010>

・インターネットは自由も統制も促進する
 ―― 政治的諸刃の剣としてのインターネット (部分公開)/イアン・ブレマー
<12/8/2010>

・新興国という無責任な利害共有者
 ―― 時代は「協調なき、多極化」へ (部分公開) /スチュワート・パトリック
<12/8/2010>

・ アフリカの農業革命が世界の食糧危機を救う(部分公開)/ロジャー・サロー <12/8/2010>

・ バーチャル国家の台頭 (全文公開)―Subscribers' Only―
/リチャード・ローズクランス
<12/08/2010>

・コンドリーザ・ライス、ウィキリークス問題を語る/コンドリーザ・ライス<12/7/2010>

・アメリカの相対的衰退と無極秩序の到来―アメリカ後の時代を考える(全文公開)―Subscribers' Only―
/リチャード・N・ハース
<12/03/2010>

・中国の北朝鮮路線は一枚岩ではない (全文公開) ―Subscribers' Only―
/C・プリチャード、E・リヴィア、S・スナイダー、D・サンガー
<12/03/2010>

・ウィキリークスでの外交文書流出事件の今後を読む/リチャード・ハース<11/30/2010>

・北朝鮮に対する巻き返し策をPart 1(部分公開)
  /チャールズ・プリチャード、ジョン・H・ティレリ、スコット・スナイダー
<11/24/2010>

・北朝鮮の権力継承と核問題 ――ポスト金正日の北朝鮮はどうなる (全文公開)
  /CFRブリーフィング
<11/22/2010>

・論争 北朝鮮ウラン濃縮疑惑の真相(全文公開)
  /ロバート・ガルーチ他
<11/22/2010>

・ロシアのNATO加盟を―― 汎ヨーロッパ安全保障秩序の確立を(部分公開)
  /チャールズ・クプチャン
<11/19/2010>

・ロシアのNATO加盟を―― 汎ヨーロッパ安全保障秩序の確立を(全文公開) ―Subscribers' Only―
  /チャールズ・クプチャン
<11/19/2010>

・NATOの将来は 「域外」での活動にある―― 問われる特権と義務のバランス(部分公開) 
/マドレーン・オルブライト
<11/19/2010>

・イスラエルは自国の核保有を認めるべきだ (部分公開)
/アブナー・コーエン、マービン・ミラー
<11/18/2010>

・公開論文:GDPは万能ではない。だが、 代替経済指標はあるのか?
/ ロヤ・ウォルバーソン 
<11/16/2010>

・ホノルル、ハーバード、ハイドパーク
―― バラク・オバマの政治的変遷 ―Subscribers' Only―
/ウォルター・ラッセル・ミード 
<11/12/2010>

・ドルの再生と新ブレトンウッズ体制の導入を
―― 固定相場制と金本位制の復活を ―Subscribers' Only―
/ジェームズ・グラント 
<11/11/2010>

・トルコはなぜ外交攻勢を強化しているか
―― ギュル・トルコ大統領との対話(アブドラ・ギュル )―Subscribers' Only―
/アブドラ・ギュル 
<11/11/2010>

・ポストケ小平改革が促す中国の新対外戦略
―― 中国は新たな国際ルールの確立を目指す(部分公開)
/エリザベス・エコノミー 
<11/11/2010>

・米中G2構想という幻想
――対中多国間アプローチを (部分公開)
/エリザベス・エコノミー、アダム・シーガル 
<11/11/2010>

・米中G2構想という幻想
――対中多国間アプローチを ―Subscribers' Only―
/エリザベス・エコノミー、アダム・シーガル 
<11/11/2010>

・世界を変える四つの人口メガトレンズ
―― 先進国の衰退と途上国の台頭をどう管理するか(部分公開)
/ジャック・A・ゴールドストーン
<11/02/2010>

・新興国の少子化で世界経済の成長は減速する(部分公開)/ニコラス・エバースタット<11/02/2010>

・レアアース輸出制限にみる中国の戦略/エリザベス・エコノミー<10/27/2010>

・本当に新興国を世界の中枢に迎え入れるべきなのか
――ブラジル、中国、インド、南アフリカの成功の限界(部分公開)
/ホルヘ・カスタニェダ
<10/13/2010>

・ロシアの「内なる外国」北カフカスの混迷
――終わりなきロシアの内戦(部分公開)
/チャールズ・キング、ラジャン・メノン
<10/13/2010>

・ペンタゴンの新サイバー戦略
――なぜアメリカはサイバー軍を立ち上げたか(部分公開)
/ウィリアム・J・リン三世
<10/13/2010>

・欧米とアジアの相互依存は成立するか
 ――中国、インド、欧米の相互作用とアジアの未来(部分公開)
/サイモン・タイ
<10/13/2010>

・公開論文:トルコは西洋に背を向けたのか?
/モートン・アブラモウィッツ、ヘンリ・J・バーキー
<10/7/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:恐慌型経済への回帰
/ポール・クルーグマン
<10/7/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:太平洋の平和を保つには
―― 中国の海軍力増強と米海軍/セス・クロプシー
<10/4/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:大中国圏の形成と中国の海軍力増強 ――  中国は東半球での覇権を確立しつつある /ロバート・カプラン<10/4/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:ハマスを無視して、中東和平は成立しない ―― ハマスとの交渉を中東和平の全体図に位置付けよ /ダニエル・バイマン
<9/30 /2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:金融危機の教訓 ― ドルの暴落とインフレの危機がやってくる? /ベン・ステイル、セバスチャン・マラビー
<9/9/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:イランの国内政治力学と核問題 ― テヘランは何を警戒し、何を望んでいるのか/レイ・タキー<9/9/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:「イラン対イスラエル」へと変化した中東紛争の構図 /ゼーブ・シーフ<9/9/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:アもしイスラエルがイランを攻撃すれば/スティーブ・サイモン<9/10/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:アメリカは神の国か? ――キリスト教福音派台頭の政治・外交的意味合い /ウォルター・ラッセル・ミード<9/9/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:中東世界でのアメリカの孤独/フォアド・アジャミー<9/9/2010>

・一部公開:アメリカの対テロ戦争の新たな前線――ペンタゴンの対サイバーテロ戦略/ウィリアム・J・リン<8/30/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:サイバー攻撃に対する防衛策を ―― サイバーインフラの多様性を高めてリスク管理を/ウェズリー・K・クラーク 、ピーター・L・レビン<8/27/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:第三の技術革命/ウォルター・B・リストン <8/6/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:ジャーナリズムの衰退を考える/ピーター・オスノス <8/6/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:アメリカのリーダーシップを刷新する/バラク・オバマ <8/6/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:ウクライナのオレンジ革命/エイドリアン・カラトニツキ <8/6/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:CFRメモランダム 第3次イスラエル・レバノン戦争か? ―― ヒズボラの軍備増強に危機感を強めるイスラエル /ダニエル・C・クーツザー <8/4/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:ヒズボラの正体/ダニエル・バイマン <8/4/2010>

・公開論文:来るべき対日講和条約について/吉田茂 <8/3/2010>

・公開論文:核廃絶か 止めどない核拡散か/ジョナサン・シェル <8/3/2010>

・公開論文:オンライン・ジャーナリズムとメディアの未来 (導入部) <7/29/2010>

・公開論文:CFRリポート アフリカでの影響力を模索する中国<7/9/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:GDP成長に取り憑かれ、改革を忘れた中国/デレク・シザーズ<7/9/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:女性を助ければ途上世界が救われる/イソベル・コールマン<7/9/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:中国に北朝鮮問題を解決する気はない/ニコル・ルイス<7/9/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:NATOを中枢に据えたグローバルな安全保障ネットワークを形成せよ/ズビグニュー・ブレジンスキー<7/9/2010>―Subscribers' Only―

・CFRミーティング
4人の専門家が分析する北朝鮮の核、権力継承、経済制裁、外交交渉の行方/チャールズ・ファーガソン、ポール・B・スターレス、デビッド・C・カング、チャールズ・プリチャード
<7/9/2010>

・ドルの衰退を考える/ベン・ステイル<6/30/2010>

・金融危機後に出現する世界の姿は /ジョセフ・ナイ、フィリップ・ゼリコウ<6/30/2010>

・公開論文:北朝鮮の急変に備えよ/ポール・B・スターレス、ジョエル・S・ウィット<6/9/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:起業型経済の構築を/カール・J・シュラム<6/9/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:金融規制案は危機の本質を見落としている――システミックリスクの震源は債券保証会社だった/マーク・レビンソン<6/9/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:ユーラシアの地政学と日米中を考える/ズビグニュー・ブレジンスキー<6/4/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:米軍は東アジア海域と ペルシャ湾に介入できなくなる?―― 危機にさらされる前方展開基地と空母/アンドリュー・F・クレピネビッチ<6/4/2010>
―Subscribers' Only―

・公開論文:北朝鮮の軍事攻撃の意図と今後の対策を検証する/ビクター・チャ<5/28/2010>
―Subscribers' Only―

・中国の軍事力増強を各国はどうみているか<5/12/2010>

・公開論文:中国の軍備近代化努力をどうとらえるか/ハロルド・ブラウン、 ジョセフ・プルーハー<5/12/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:中国は為替操作国か―― S・ローチ、F・バーグステンは問題をどうみているか/スティーブン・ローチ、チャールズ・クプチャン、セバスチャン・マラビー、フレッド・バーグステン<5/10/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:ロバート・カプランが語る中国の海軍力増強と大中国圏の形成<5/10/2010>

・公開論文:ギリシャ金融危機の拡大を阻止できるのか/マーク・レビンソン<5/10/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:ソビエト対外行動の源泉(X論文)/ジョージ・ケナン<5/6/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:世界大国への道を歩み始めたブラジル/フアン・デ・オニス<5/6/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:ラリー・サマーズが回顧するハーバード大学学長時代<5/6/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:急激に冷え込んだ米・イスラエル関係/エフード・ヤーリ<4/30/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:米核態勢見直しと核不拡散、CTBTの行方/マイケル・レビ<4/30/2010>―Subscribers' Only―

・ギリシャ危機とEUの立場/マーク・レビンソン<4/30/2010>

・ギリシャ危機の本質=外国資金への過剰依存<4/30/2010>

・チョナン事件後の朝鮮半島/スコット・A・スナイダー<4/30/2010>

・公開論文:新たな世界経済のシステミック・リスクとしての各国の財政赤字/セバスチャン・マラビー<4/30/2010>―Subscribers' Only―

・米兵力の削減を――沖縄、ボスニア、湾岸からの部分撤退を検討せよ/マイケル・オハンロン<4/16/2010>

・公開論文:タイの政治・社会危機の本質とは ―交錯する階級闘争、地域対立と政治権力抗争/バーティル・リントナー<4/8/2010>―Subscribers' Only―

・Issue Brief:ドル建て外貨準備のリスク 日本と中国 <4/8/2010>―Subscribers' Only―

・Issue Brief:米中経済関係の四つの神話―対中圧力を控える理由はない/スティーブン・デュナウェイ<4/2/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:中国の人民元切り上げ問題を考える―人民元切り上げで「グローバルな不均衡」をなくせるのか/スティーブン・ローチ、デスモンド・ラックマン<4/2/2010>―Subscribers' Only―

・公開論文:イランの権力と政治構造を解明する―ハメネイの絶対権力を崩さなければ、何も変わらない/アクバル・ガンジ<4/2/2010>―Subscribers' Only―

・変化する任務、変貌する米軍/ドナルド・H・ラムズフェルド<9/14/2009>

CFRミーティング
「サマーズ、ボルカーが語る世界共通通貨の可能性」
  <9/9/2009>

CFRミーティング
「イラクかアフガニスタンか、それが問題だ
――オバマ政権の困難な選択」
  <8/25/2009>

CFRミーティング
「ヒラリー・クリントンが語る
世界を混乱に陥れたブッシュ外交」
  <8/20/2009>

CFRミーティング
「核戦争の危険を低下させるには
――他国と協調して脅威を抑え込むか、それとも壊滅的事態に直面するか」
  <7/21/2009>

CFRインタビュー「北朝鮮は核保有国として認知されることを望んでいる」  <5/11/2009>

・経済危機は中国の共産党支配を揺るがすか  <4/23/2009>

フォーリン・アフェアーズ・コラム
 「対北朝鮮制裁を行い、金正日後に備えよ」 
<4/10/2009>

 「北朝鮮が権力継承に失敗すれば……」 <4/10/2009>

「複雑な紛争」に即した戦略を <4/8/2009>

フォーリン・アフェアーズで今後を読む
 「新たな国際的火種としての『グローバル・インバランス』
 <3/27/2009>

アメリカは日本の『失われた10年』と同じ道をたどるのか」 <3/27/2009>

日本は途上国で起きたかつての経済・金融危機並の窮状に直面している <3/26/2009>

北朝鮮の脅威と日米サイル防衛  <3/25/2009>

・グローバル化時代の危機には政府間協調システムで対処せよ
  <3/17/2009>

・NATOをグローバルな軍事同盟に変貌させよ
  <3/13/2009>

・イラクかアフガニスタンか、それが問題だ  <3/11/2009>

フォーリン・アフェアーズで今後を読む 国際協調の未来形とは  <3/10/2009>

北朝鮮の核保有を受け入れるのか? /スティーブン・ボスワース、他  <2/24/2009>

真にリベラルな国際主義ビジョンを /スザンヌ・ノッセル  <1/29/2009>

スマートパワー的アプローチとは何か  <1/29/2009>

グローバル金融危機と地政学秩序の再編 /ロジャー・アルトマン  <1/19/2009>

  


agenda
 ・ヨーロッパが抱くオバマ大統領への期待と不安 /ウィリアム・ドロッズディアク  <1/19/2009>
 ・オバマはガザの紛争停止に向けてアラブ諸国を関与させよ /ムハンマド・ヤーギ  <1/19/2009>
 天然ガス供給めぐるビジネスと政治的思惑 /ジェフリー・マンコフ  <1/16/2009>
 オバマ政権の北朝鮮政策を考える /マイケル・グリーン、ゲリー・セイモア  <1/16/2009>
 ニュースメディアの将来 /ダニエル・カーン  <12/8/08>
 ムンバイテロが引きずり出したインド・パキスタン関係の危うさ /ダニエル・マーキー  <12/5/08>    
 インドにおけるテロの新しい流れ /CFRブリーフィング   <11/28/08>       
 食糧危機の打開を阻む先進国の政治と妄想 /ポール・コリアー   <11/21/08> 
 経営破綻を回避したAIG /モーリス・R・グリーンバーグ  <2008年>  
 グルジア紛争の敗者はロシアだ /ロバート・ハンター  <2008年>  
 新世紀の戦略的機会を生かすには /ジョセフ・R・バイデン   <2008年>  
 イラクを自治地域に分けて統合を保て /レスリー・H・ゲルブ  <2008年>  
 ロシアとグルジアの軍事衝突の余波を考える  /スティーブン・セスタノビッチ <2008年>  
 北朝鮮の核申告、第3段階へ進むも短期的決着はあり得ない  /ゲリー・セイモア <2008年>  
 石油の富は湾岸諸国をどう変貌させているか /ユーセフ・M・イブラヒム   <2008年>  
 ・米次期政権はイランに政策的にどう関与していくべきか/バリ・ナサル、レイ・タキー (2008年)
 ・オバマが最優先に取り組むべきは経済・金融問題だ /リチャード・ハース (2008年)
 ブッシュからオバマへ――戦時、経済危機のなかの政権移行を歴史的に考える
 /CFRブリーフィング (2008年)
 バラク・オバマ候補の主要アドバイザーの顔ぶれ 《アップデート版》  CFRブリーフィング (2008年)
 主要アドバイザーの思想で読み解くマケインの外交・経済政策 /CFRブリーフィング (2008年)
 カーライル・グループ、D・ルーベンシュタインが語る金融危機第2幕に備えよ
 /デビッド・M・ルーベンシュタイン (2008年)
 ・北朝鮮――妥協と不安定化の間/ゲリー・セイモア (2008年)
 ・ 核申告後の北朝鮮問題/ゲリー・セイモア、チャールズ・D・ファーガソン (2008年)
 金融安定化法では金融危機を収束させられない/ノリエル・ルービニ (2008年)
 米金融危機のこれまでとこれから――金融危機は続き、実体経済はリセッションへ
 /ノリエル・ルービニ、ブラッド・セッツアー、ベン・ステイル (2008年)
 米金融危機はアメリカのパワーにどう作用するか/セバスチャン・マラビー、他 (2008年)
 ベン・ステイル、セバスチャン・マラビーが分析する米金融市場混乱の余波 (2008年)
 金融危機とアメリカンパワーの衰退/セバスチャン・マラビー (2008年)
 ・ 依然として先の見えない米印原子力合意/レオナルド・S・スペクター (2008年)
 ・グルジア紛争を解決するには/ドミトリ・トレーニン、ラジャン・メノン、他 (2008年)
 ・グルジア紛争後の米ロ関係/スティーブン・セスタノビッチ、チャールズ・A・クプチャン  (2008年)
 ・イラクを自治地域に分けて統合を保て /レスリー・H・ゲルブ (2007年)
 ・インドの台頭とカシミール紛争 (2006年)
 

・いまこそイランとの緊張緩和を (2007年)

 ・イスラエルはイランの核施設を近く攻撃する? (2008年)
 ・主要排出国による「温暖化対策のためのパートナーシップ」を (2008年)
 ・資源争奪戦の再来か (2001年)
 ・途上国の人口増大で食糧・原材料不足はさらに深刻に (2008年)
 世界の食糧危機の原因と衝撃を検証する(2008年)
 ・北朝鮮の核申告、第3段階へ進むも短期的決着はあり得ない (2008年)
 ・北朝鮮核申告問題とアメリカの妥協 (2008年)
 ・ クリストファー・ヒルが語る対北朝鮮交渉の今後 (2008年)
 ・アーノルド・シュワルツェネッガーが語る環境保護と経済成長 (2007年)
 ・アメリカの相対的衰退と無極秩序の到来< /リチャード・N・ハース (2008年)
 ・民族・宗教で読み解く米大統領選挙  /ウォルター・ラッセル・ミード (2008年)
 ・エタノール燃料は本当に人と地球に優しいのか
 /C・フォード・ランゲ 、ベンジャミン・セナウアー  (2007年)
 ・論争 トウモロコシは食糧か燃料か
 /トム・ダシュル、C・フォード・ランゲ 、ベンジャミン・セナウアー  (2007年)
 ・ネパールの大いなる危機 /ブラッド・アダムス  (2005年)
 ・中国の平和的台頭を検証する /CFRブリーフィング  (2006年)
 ・日中はなぜ対立するのか /FAJブリーフィング (2005年)
 ・中国の台頭を検証する /FAJブリーフィング (2005年)
 ・悪の枢軸と国際協調の行方 /アル・ゴア (2002年)
 真の温暖化防止には炭素税の導入しかない /リチャード・N・クーパー  (1998年)
 ・現在の中国を理解するには /キショール・マブバニ (2005年)
 平和的台頭への道筋 /鄭必堅 (2005年)
 中国は安定した対米関係を望む /王緝思  (2005年)
 ・地球温暖化、異常気象と今後のエネルギー資源
 /S・ジュリオ・フリードマン、T・ホーマー・ディクソン
 (2005年)
 エネルギー調達戦略の世界的波紋 /デービッド・ツバイク 、畢建海 (2005年)
 経済成長は本当に民主化を促すのか
 /ブルース・ブエノ・デ・メスキータ、ジョージ・W・ダウンズル (2006年)
 ・ロシアとの新冷戦を回避するには / ディミトリ・K・サイメス  (2008年)
 ・メドベージェフで今後のロシアの権力構造はどう変化するか /スティーブン・セスタノビッチ  (2007年)
 ・国家ブランディングとは何か  / サイモン・アンホルト  (2008年)
 ・カストロ後のキューバと経済改革 / ブライアン・ラテル (2006年)
  原子力エネルギーは地球温暖化対策の切り札になるか/M・マリオット、S・ケレケス (2007年)
 朝鮮半島新時代の幕開けは近い?/ドン・オーバードーファー (2007年)
 大統領選挙の争点としてのイラク /ジェームズ・リンゼー (2007年)
 イラクのクルド問題とトルコ/スティーブン・クック (2006年)
 パキスタンの混迷への正しい外交路線とは/ダニエル・マーキー (2007年)
 パキスタンを内側から救うには /ベナジル・ブット (2007年)
  流動化するパキスタン情勢/ダニエル・マーキー (2007年)
 ・ 政府は鳥インフルエンザにいかに対処すべきか /ローリー・ギャレット (2005年)
 ・ 新型インフルエンザへの対策づくりを急げ /マイケル・T・オスタホルム  (2005年)
 企業はパンデミックにどう備えるか 
 /リチャード・フォスター、ジェラルド・コミサール、ウィリアム・キナーネ (2006年)
 ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌスが語る市場経済と貧困撲滅
 /ムハマド・ユヌス (2007年)
 馬英九が語る中台関係の過去と未来/馬英九 (2006年)
 テロとの戦いの本当の意味は何か /トニー・ブレア (2007年)
 ・ロシアの若者の歴史認識を問う ――高まるスターリンへの評価  (2006年)
  
/サラ・E・マンデルソン、セオドア・P・ガーバー 
 ・イラン政治を理解した現実志向の戦略を /レイ・タキー (2006年)
 ・ヒラリー・クリントンが語る世界を混乱に陥れたブッシュ外交 /ヒラリー・クリントン (2006年)
 いまこそ平壌を外交路線に引き戻せ /アラン・D・ロンバーグ (2006年)
 イラク研究グループ報告を読み解く /リチャード・ハース (2006年)
 

・なぜ対中報復関税が必要か /チャールズ・シューマー、ナンシー・ローマン  (2005年)

 ・ウゴ・チャベスとは何者か?/マイケル・シフター (2006年)
 IEAチーフエコノミストが語る、世界のエネルギー需給見通し /ファティ・バイロル (2006年)
 核実験後の北東アジア戦略環境を検証する /FAJブリーフィング (2006年)
 ・北朝鮮の核実験に対してアメリカは軍事攻撃も辞さない? /マイケル・レビ (2006年)
 

・次なる核武装化潮流 /ジョン・B・ウォルフスタール (2005年)

 ・核拡散の三つの脅威 /チャールズ・ファーガソン (2004年)
 ・日中関係はどこへ向かうのか
  ――政治化された歴史とライバル意識の行方 /ケント・E・カルダー
(2006年)
 拡散・連帯し、増殖するテロネットワークの脅威 /ジェシカ・スターン  (2005年)
 ヒズボラを操るイランとシリアの思惑 /CFRブリーフィング (2006年)
 ・シリア、レバノン、イランの「複雑な関係」 /スティーブ・クック  (2005年)
 

北朝鮮のWMD能力に関するブリーフィング/ゲリー・サモア 
 (2005年・ブックレットvol 1 「北朝鮮のWMD能力と弾道ミサイル防衛を考える」より)

 

中国は北朝鮮とイランをどうみているか――北京の核不拡散路線と米中関係
 /アダム・シーガル (2006年)

 

インターネット規制をさらに強化した中国――情報大国の野望と政治的検閲のジレンマ
 
/CFRブリーフィング  (2005年)

 核不拡散レジームをどう立て直すか /CFRアップデート (2005年)
 経済成長は本当に民主化を促すのか――中国の民主化はなぜ進展しない  
 /ブルース・ブエノ・デ・メスキータ、ジョージ・W・ダウンズ (2005年)
 エネルギー資源をめぐる米中衝突を避けるには
 /ジョセフ・リーバーマン、ウィリアム・マーチン 
(2005年)
 


classics
 次期大統領が直面する遠大な課題 /リチャード・ホルブルック (2008年)
 ドルの再生と新ブレトンウッズ体制の導入を /ジェームズ・グラント (2008年)
 競争力という名の危険な妄想 /ポール・クルーグマン (1994年)
 まぼろしのアジア経済 /ポール・クルーグマン (1995年)
 グローバル化した大学/ウィリアム・R・ブロディ  (2007年)
 ・終わりなきカシミール紛争の本質  (2000年)
 ・新世紀の戦略的機会を生かすには /ジョセフ・R・バイデン (2002年)
 ・ロシアの帝国的野心を封じ込めよ /ユリア・ティモシェンコ (2007年)
 ・欧米世界に背を向けたロシア /ドミトリ・トレーニン (2006年)
 ・オリンピックという中国の悪夢?/エリザベス・エコノミー、アダム・シーガル (2008年)
 ・内からの崩壊を恐れる平壌/アンドレイ・ランコフ  (2008年)
 ・コンドリーザ・ライス、ブッシュを語る /コンドリーザ・ライス  (2000年)
 ・外国へのアウトソーシングと雇用 /ダニエル・W・ドレズナー   (2004年)
 ・文化は宿命である /リー・クアンユー  (1994年)
 ・地球温暖化対策の盲点 /トマス・C・シェリング   (1998年)
 ダライ・ラマのジレンマ /メルヴィン・C・ゴールドシュタイン   (1998年)
 ・新型インフルエンザへの対策づくりを急げ /マイケル・T・オスタホルム   (2005年)
 ・原爆投下は何を問いかける?/バートン・J・バーンスタイン  (1995年)
 ・私が大統領に選ばれれば /ヒラリー・クリントン  (2007年) 
 ・アメリカの リーダーシップを刷新する /バラク・オバマ  (2007年) 
 ・自由に基づく恒久平和を /ジョン・マケイン  (2007年) 
 ・平壌への長い道のり /マイケル・マザール  (2007年) 
 ・情報化時代のソフトパワーを検証する / ジョセフ・ナイ、ロバート・コヘイン  (1998年) 
 ・メディアは政治を変えたのか/ ジェームス・ホーグ  (1994年) 
 コソボ紛争は分離独立でしか決着しない / クリス・ヘッジ (1999年) 
 ボスニア紛争の「真実」 /チャールズ・G・ボイド (1995年) 
 ユーゴスラビア崩壊の記録 /ウォーレン・ジマーマン (1995年) 
 平和に向けた現実的政策を /ルドルフ・ジュリアーニ (2007年) 
  アメリカの経常赤字とドルを考える /ピーター・ピーターソン、フレッド・バーグステン (2005年) 
  外交報道の新スタイル /ジョン・マックスウェル・ハミルトン、エリック・ジェナー (2003年) 
 ・ 弾道ミサイル防衛を考える /ジャン・ローダル (2001年) 
 ・忍び寄る鳥インフルエンザの脅威
 /L・ギャレット、R・コルウェル、A・フォーシ、W・カレッシュ
 (2005年)  
 ・欧米世界に背を向けたロシア /ドミトリ・トレーニン   (2006年) 
 中東は宗派間抗争で引き裂かれるのか ――スンニ派とシーア派の対立
   バリ・ナシル (2006年) 
 原油価格高騰の真相 /レオナルド・モーゲリ (2006年)
 

・アメリカは日本社会の質的変化に関心を向けよ ――新しいナショナリズムと構造改革、再軍備の行方
 /ユージン・A・マシューズ
 (2003年)

 サダム・フセインの妄想――旧イラク軍高官たちが証言する   
  /ケビン・ウッド、ジェームズ・レーシー 、ウィリアムソン・マレー(2006年)
 ヨーロッパで誕生する新ジハードの戦士 /ロバート・S・レイケン  (2005年)
 M・レアードが回顧するイラク戦争とベトナムの教訓(下) /メルビン・R・レアード (2005年) 
 M・レアードが回顧するイラク戦争とベトナムの教訓(上) /メルビン・R・レアード  (2005年)  
 パレスチナの自爆テロを終わらせるには /ガル・ルフト    (2003年)
 中国を過大視するのはやめよ /ジェラルド・シーガル   (1999年)
 近代中東における自由と正義――民主主義を支えるアラブ世界の伝統   /バーナード・ルイス (2005年) 
 迫りくる中国の激震 /ニール・C・ヒューズ  (1998年)
 中国の政治改革の行方 /ジョージ・ギルボーイ、エリック・ヘジンボサム   (2001年)
 アメリカの原則について /ジョージ・ケナン  (1995年)
 感染症という名の新たな脅威 /ローリー・ギャレット  (1996年)
 ユーラシアに迫りくるHIVの脅威 /ニコラス・エバースタット  (2003年)
 朝鮮半島危機を安定させるには /ジェームズ・レーニー、ジェーソン・シャプレン   (2003年)
 ソビエト対外行動の源泉(「X論文」) /ジョージ・ケナン(論文発表当時はミスターX)  (1947年 
 来るべき対日講和条約について /吉田茂  (1951年)
 文明の衝突 /サミュエル・ハンチントン  (1993年)
 
定期購読会員の方
フォーリン・アフェアーズ・リポートについて
・会社情報・お問い合わせ先・求人
 
リンク
Asahi Shimbun Asia Network
 
フォーリン・アフェアーズ・ジャパンを
フォローする
Twitter
Facebook
RSS
Newsletter
Copyright by Council on Foreign Relations, Inc. & Foreign Affairs, Japan. All rights reserved